鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.com
お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ リンク 管理人のご紹介
鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.comホーム 釣り方の解説 鯛カブラブログ 鯛カブラ、鯛ラバの動画 鯛カブラ、鯛ラバの製品一覧 鯛カブラ、鯛ラバ遊漁船の案内
ホーム > 鯛カブラブログ > 和歌山県加太タイラバ(鯛カブラ)レポート
鯛カブラブログのエントリー
和歌山県加太タイラバ(鯛カブラ)レポート
2017年01月30日 10:00

少し前の話にはなりますが、和歌山県加太の清海丸へ行ってきました。

2017013001.jpg

朝一番は引き潮の残りをする予定でしたが、潮が残っておらず違うポイントへ。

いろんな場所を巡るもなーんにもない時間が過ぎていきます笑

終盤、同船者がビニールで真鯛の顔を拝みますが、船長と二人でタイラバを頑張ります。

やっと船長のタイラバにヒットするも途中で外れてしまいます。

周囲の船を見ていると時々ビニールで魚を獲り込んではいますが、なかなか難しい時間が続きます。

お昼になり沖上がりの時間が迫り、船長がビニールで1枚追加。

最後の流しで、20gの小さいシルエットのビンビン玉をふと手にし落とすとすぐに釣れました笑

ラッキーパンチでなんとかボーズは回避できました。

加太ではぼちぼちこの毛糸の仕掛けで真鯛を狙う季節です。

2017013002.jpg

さて、釣りを終えたあとは昨年夏にリニューアルした加太の国民宿舎へ。

リニューアル後にまだ行っていないので行ってみました。

2017013004.jpg

フロントは以前とあまり変わっていないような感じです。

2017013005.jpg

ここへ立ち寄るのは日帰り温泉が目当て。

2017013006.jpg

フロントからはもちろん、温泉から良い景色が一望できます。

2017013007.jpg

のんびり素晴らしい景色を眺めると心がすっきりします。

2017013008.jpg

温泉はリニューアルされ、露天風呂から海を眺めると、まるで海の中に浸っているような構図になっています。

2017013009.jpg

温泉の詳細はこちら

以前と比べ、さらに素晴らしい温泉になっていました。

<利用時間>
12:00~15:50(15:00札止め)

<料金>
大人1,200円 小人600円

日帰り温泉の利用時間は短いですが、加太は昼には沖上がりしますので、ちょうどよいタイミングで利用できます。

釣りをしたついでにいかがですか?

温泉で温まった後は眠くなりますから、くれぐれも運転には気をつけてくださいね。


この記事のURL
検索
 

このエントリーについて
2017年01月30日 10:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は、フィッシングショーOSAKA2017情報です。

次の投稿は、あいちゃんイチオシNEWアイテムです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

このブログのフィードを取得
[フィードとは]