鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.com
お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ リンク 管理人のご紹介
鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.comホーム 釣り方の解説 鯛カブラブログ 鯛カブラ、鯛ラバの動画 鯛カブラ、鯛ラバの製品一覧 鯛カブラ、鯛ラバ遊漁船の案内
ホーム > 鯛カブラブログ
鯛カブラブログ
タイラバ新製品情報と船長会
2017年02月09日 09:00

先日、フィッシングショーOSAKA 2017に行ってきました。

今年は業者日のみの参加となりました。

ショーの業者日って?

業界の関係者のみが入場できる日でメーカーはもちろん、釣具店や遊漁船関係者、メディア関係の方々が来場されます。

この日は各ブースでセミナーやトークショーのリハーサルをしたり、メディア関係者から取材を受けたりと一般日とは違った光景で、比較的ゆったりとした時間が流れます。

今年は業者日のみの参加となりましたので例年より少し早く、昼前に会場入り。

2017020801.jpg

早速ジャッカルブースに行き、新製品をチェックしてみました。

まずは既存のビンビン玉、ビンビン玉爆流に魅力的な新色が追加されるようです。

2017020802.jpg

個人的に欲しかった「タコ」系のカラーがラインナップに加わっており、これにはすでに期待大!

その他、チャート系や深いグリーン系、ホワイト系など他にはない独特なカラーリングがラインナップされています。

ネクタイやスカートに比べ、それほど着目されていないように感じるヘッドカラーですが、今年はヘッドカラーにもこだわってみてはいかがでしょうか?

ネクタイではグリパンやコーラ、ブラックなどここ数年人気急上昇中のカラーなのに、それにあわせるヘッドのカラーが見当たらないということも解消されそうですね。

ま、人から見てこのカラーコンビネーションはどうなんだろう?と思いつつも釣れてましたので、既存のカラーのまま使ってはいましたが、しっくりくるカラーコンビネーションが出来れば、釣れる気がアップするもんです笑

それと、ビンビン玉のタングステンモデルに150gが新しくラインナップ!

次に今年ジャッカルが掲げる新しいタイラバコンセプトである「ビックベイト」。

2017020803.jpg

イカという真鯛のメインベイトの1つに着目して開発されたワームが展示されていました。

このアイテム、実はショー前にあいちゃん達が玄界灘(飛燕さくら丸)でテストしたところ、大鯛にブリ、そしてマグロまで飛び出してイカパターンに強烈な手応えを感じたそうです。

イカパターンに強烈な手応えを感じたテスト釣行はこちら。

ちなみに飛燕さくら丸ではいつもフィッシングショーの時は大型が出るというジンクスがあるようです。

玄界灘(飛燕さくら丸)で94.7cm/10kgオーバーが出た!

ビンビン玉タングステンの150gとイカワーム(仮称)は、また新たなタイラバの時代を築くアイテムになるかもしれませんね。

さて、次はロッド。

ビンビンステックHSにエントリーモデルが追加。

2017020804.jpg

こちらは財布に優しい手が届きやすい価格設定になるそうです。

そしてフラッグシップモデルのVCMシリーズがフルモデルチェンジ。

2017020805.jpg

着目すべきはそのデザイン。

すごーくカッコよくなっていますよ!

と、駆け足ですがジャッカルタイラバ関連新製品のご紹介でした。

また続報を入手しましたらお知らせしますね。

そんなこんなで各社のブースを見て、いろんな方々と話をしているとあっという間に閉館時間。

業者日はここからがさらに盛り上がります笑

数年前にジャッカルソルトスタッフと遊漁船の船長が集まる交流会を開催したのですが、これが好評で年々参加される船長が増え今年はなんと24名の参加がありました。

福井、京都、和歌山、兵庫、岡山、静岡、福岡・・・

全国各地から今年も参加してくださいました。

おいしい料理とお酒を飲みながらの楽しい時間なのですが、その中の会話には「こちらではこんな時こうだけど、そっちは全然違うんだなぁ」というような話や「こんなポイントはこちらではこう流す」というような船長同士のコミュニュケーションの場でもあります。

なかなか普段、こういった話をする機会もないでしょうし、ましてや遠く離れた海での船長同士が話しをする機会もないものですから、この船長会はとてもいい機会です。

アングラーの立場で話を聞いていてもおもしろいものでとても勉強になります。

また、逆に僕たちアングラー側は遊漁をさせてもらうお客さんの立場で発言します。

初心者にはこうしてあげてほしいとか、普段お客さんと接していて感じたことを代弁したりして、よりよい遊漁をしていただくための提案をしたりしています。

2017020806.jpg

そういう真面目な話しをしつつ、エンターテイメント的な要素もあります笑

2017020807.jpg

ナカジーのマグロ解体ショー。

そしてお客さんの要望があれば釣った魚を捌くセブン宮崎船長の華麗な手さばき。

2017020808.jpg

以前、魚を市場で捌いていた職歴は遊漁船での1つのサービスになっているようです。

2017020809.jpg

船上サラリーマンが釣ったマグロは様々な形で振る舞われました。

2017020810.jpg

パワーファイトしたらしく、15分程度でネットインしたマグロは身焼けがなく抜群のおいしさでした。

2017020811.jpg

2017020812.jpg

2017020813.jpg

2017020814.jpg

2017020815.jpg

2017020816.jpg

最後に石谷船長とあいちゃんへ誕生日のサプライズ!

2017020817.jpg

あっという間に時間が過ぎたのは言うまでもありません笑


この記事のURL

京都府舞鶴(丹後)タイラバレポート
2017年02月07日 10:00

少し前の話になりますが、京都府舞鶴(丹後)発のトップスジャパンへ行ってきました。

昨年からあいちゃんが良く通っていて「アクセスが良くて九州のようなディープタイラバができ、釣れる魚の種類や大きさにも夢があるよ」と聞いていたので気になっていました。

今回、案内してもらう機会があったので一緒に行ってきました。

船は舞鶴から出ます。

大阪からですと、昨年開通した京都縦貫自動車道を使うのがおすすめです。

2時間足らずで到着します。

冬場は雪の影響もあるでしょうから、この時期に乗船をするのであれば交通情報や港付近の雪の状態を船長に確認しておくと良いかと思います。

ちなみにここの海域では、一年で一番難しい時期が2月から3月半ばらしいです笑

ということでその一年で一番難しい季節の乗船となりました。

寒い週でしたので、道中は雪がどっさり。

釣りに行く前々日あたりから少し暖かくなっていたので道路は問題なしでしたが。。。

行きは良くても帰りがということも考えられるでしょうし、冬場は天気予報を良く見て情報を収集しておかないとですね。

港に着くと朝礼があります。

朝礼?

朝礼がある船ってそんなにないですよね。

ないのですが、朝礼があるといいなと思ったことがありました。

1)乗り合いで行くと知らないもの同士ですが、船長が名前を呼ぶので親近感が湧きます。

2)今日はどんな釣りをするのかという流れが分かります。

3)分からないことがあればその場で予め解決できます。

朝礼が新鮮というのもありましたが、なんか楽しかったです!

2017020701.jpg

朝礼が終わり船に乗り込んで1時間くらい走ったでしょうか。

トップスジャパンは基本的には船をドテラで流すので、片舷に並びます。

水深は100m前後ですが、この日は風があまりなく潮もそんなに流れていないので、ウエイトを軽くしないとラインが出て行かない状況でした。

船長はキツイよと言っておられましたが、みんななんだかんだ良く釣ってました。

2017020702.jpg

2017020703.jpg

2017020704.jpg

2017020705.jpg

2017020706.jpg

2017020707.jpg

2017020709.jpg

2017020710.jpg

2017020711.jpg

今回、船長が幻の中の幻の魚とよばれるアラまで釣れました。

2017020708.jpg

これがすごい美味だとか・・・。

で、僕はというと笑

初めての名前が分からないフグ!

2017020712.jpg

海水を吸って膨れるようで、抜き上げる時は重いのなんの。

これが2連チャンで釣れました笑

あとから調べるとヨリトフグということがわかりました。

そしてタヌキメバル。

2017020713.jpg

これも初めて。

とてもおいしい魚らしいです。

夕方までめい一杯遊漁を楽しんだ後は、船長の案内でメンバー全員で夜ごはん。

これまで舞鶴ってなんども通過しましたがこんなにおいしい店があるなんて知りませんでした。

他にもいろいろあるようです。

宿泊施設も港の近くにありますし、おいしい店もあります。

京阪神からのアクセスも抜群!

ディープドテラのゲーム性もおもしろいもんです。

ぜひこの釣りをしたことがない方は一度経験してみてください。

ロッドはそのまま(瀬戸内のまま)が使えます。

タイラバのウエイトを重めにしてリールの番手を大きくすればOKです。

例えば手巻きならオシアコンクエスト300番、電動ならForceマスター300〜400、800番くらいです。

ラインは1号300m以上巻いておくことをおすすめします。

詳しくはトップスジャパンの森船長にお尋ねください。


この記事のURL

あいちゃんイチオシNEWアイテム
2017年01月31日 10:00

今週末、大阪で開催されるフィッシングショー大阪2017ではジャッカルタイラバ関連新製品の展示があるようです。

フィッシングショー大阪2017の詳細はこちら

一つ目の目玉はディープドテラ攻略アイテム。

タングステンヘッドの150gやビックベイトを始め、これまでのビンビン玉のラインナップに新色が追加されているようです。

二つ目の目玉はロッド。

上位スペックのVCMシリーズが追加され、HSシリーズはこれからタイラバを始めようとする方々に優しい価格設定になっているようです。

ショー開催日両日ともあいちゃんがブースに在中しているようなので、詳しいことを聞いてみてくださいね!

IMG_0521.jpg

ジャッカル2017タイラバ関連のニューアイテムの紹介はこちら


この記事のURL

和歌山県加太タイラバ(鯛カブラ)レポート
2017年01月30日 10:00

少し前の話にはなりますが、和歌山県加太の清海丸へ行ってきました。

2017013001.jpg

朝一番は引き潮の残りをする予定でしたが、潮が残っておらず違うポイントへ。

いろんな場所を巡るもなーんにもない時間が過ぎていきます笑

終盤、同船者がビニールで真鯛の顔を拝みますが、船長と二人でタイラバを頑張ります。

やっと船長のタイラバにヒットするも途中で外れてしまいます。

周囲の船を見ていると時々ビニールで魚を獲り込んではいますが、なかなか難しい時間が続きます。

お昼になり沖上がりの時間が迫り、船長がビニールで1枚追加。

最後の流しで、20gの小さいシルエットのビンビン玉をふと手にし落とすとすぐに釣れました笑

ラッキーパンチでなんとかボーズは回避できました。

加太ではぼちぼちこの毛糸の仕掛けで真鯛を狙う季節です。

2017013002.jpg

さて、釣りを終えたあとは昨年夏にリニューアルした加太の国民宿舎へ。

リニューアル後にまだ行っていないので行ってみました。

2017013004.jpg

フロントは以前とあまり変わっていないような感じです。

2017013005.jpg

ここへ立ち寄るのは日帰り温泉が目当て。

2017013006.jpg

フロントからはもちろん、温泉から良い景色が一望できます。

2017013007.jpg

のんびり素晴らしい景色を眺めると心がすっきりします。

2017013008.jpg

温泉はリニューアルされ、露天風呂から海を眺めると、まるで海の中に浸っているような構図になっています。

2017013009.jpg

温泉の詳細はこちら

以前と比べ、さらに素晴らしい温泉になっていました。

<利用時間>
12:00~15:50(15:00札止め)

<料金>
大人1,200円 小人600円

日帰り温泉の利用時間は短いですが、加太は昼には沖上がりしますので、ちょうどよいタイミングで利用できます。

釣りをしたついでにいかがですか?

温泉で温まった後は眠くなりますから、くれぐれも運転には気をつけてくださいね。


この記事のURL

フィッシングショーOSAKA2017情報
2017年01月27日 10:00

フィッシングショーOSAKA2017のジャッカルブース情報が公開されています。

フィッシングショーOSAKA2017のジャッカルブース情報

タイラバでは「ビックベイト」がキーワードのようです。

つい先日、玄界灘でこのビックベイトタイラバを使って驚きの釣果だったとか。

ビンビンスティック新製品やビンビン玉のニューカラーも展示されるようです。

ぜひジャッカルブースを覗いてみてください。


この記事のURL

2017タイラバ関連新製品
2017年01月19日 09:00

今週は横浜でジャパンフィッシングショー、2月4日、5日は大阪でフィッシングショー大阪2017が開催されます。

ジャッカル・タイラバ関連の新製品も発表になるようですよ!

気になりますね。

詳細は情報をキャッチ次第、ご紹介させていただこうとは思いますが両ショーで詳しくご覧いただけるかと思いますので、ぜひジャッカルブースへお越しいただけたらと思います。

ジャッカル・フッシングショー関連情報サイト

2017011901.jpg

2017011902.jpg


この記事のURL

再び遠征に
2017年01月11日 10:00

まさかの大晦日から元旦弾丸ツアーから戻った翌週の三連休、天気図を見ると土日で凪予報。

沖に出るよと聞いたので、急遽準備して某所へ向かいました。

道中の気温はマイナス表示。

普段よりも慎重に運転をして、半分の距離を走ったところで宿泊。

翌朝、5時に出発して目的地へ。

今日はジギング時々タイラバ。

まずは浅場のタイラバからスタート。

早速真鯛の顔が見れました。

2017011101.jpg

続いてイトヨリ。

2017011103.jpg

塩焼きにするとおいしい魚です。

タイラバを回収中にシビ。

2017011104.jpg

そのほか、マハタにアコウ、アオハタと寒さを忘れるほどバタバタ。

港からゆっくり走って15分程度のポイントでいろんな魚が釣れます。

ベイトの反応が出たところでジグを落とすと良く太ったヒラマサがアタックしてきます。

2017011105.jpg

潮が止まり、ベイトの気配がなくなったところでアマダイのリクエストを聞いていただき、沖へ。

あっさりとアマダイが釣れたのには驚きです。

2017011102.jpg

昼過ぎに沖上がりして宿へ。

翌朝は雨。

沖に出るとうねりが出始めて昨日とは状況が一変。

昨日あんなに居たベイトの反応も消え、周りの漁師さんも帰っていきます。

雨風がさらに強くなりサバが釣れたところで早上がり。

二日目はほとんど釣りができませんでしたが、初日にたくさん釣れたので満足です。

予定より早く終わったので帰りながら観光。

釣りに行くと朝早くに走り、夜に帰るパターンになりがちです。

暗いと周りの景色も見えず、ナビでどんなところを走っているのかを確認するくらい。

それが日中だと景色が見え、お土産店や道の駅がオープンしているので適当に立ち寄るだけでも楽しいものです。

その地のおいしいものを発見したり、いい温泉に巡り合えたり。

あと、僕は魚市場を見るのが好きです。

ここの海ではどんな魚が揚がっているのかが一目瞭然です。

2017011106.jpg

結局、観光しながら帰る方が釣りをして帰るよりも遅くなることもしばしば。

今回も夜遅くの帰宅となりました。

翌日は、兵庫県垂水の海神社へ。

ここで毎年恒例の福笹交換。

2017011107.jpg

今年も利弥丸の大窪船長と交換し、互いに一年の安全と大漁祈願をしました。

2017011108.jpg

さて、次はどこへ行こうかな。


この記事のURL

鯛カブラ.comが10周年を迎えました!
2017年01月06日 09:00

みなさま、あけましておめでとうございます。

2007年に鯛カブラ.comを開設してから今年で10年目を迎えます。

これまでいろんな釣りをしてきましたが、タイラバほど僕をいろんなところに連れて行ってきれた釣りはありません。

そして、タイラバほどたくさんの出会いをくれた釣りはありません。

釣りというもの、もちろん釣れなければおもしろくないわけですが、タイラバを始めて釣りの付加価値というものがこんなにあったんだと気付きました。

たかが10年かもしれませんが、この10年間はこれまでの釣り人生で最高の10年だったと思います。

15年、20年目は何を思っているのだろう?そんなことを考えて新しい1年を迎えました。

そして、2017年はこれまでの釣り人生で唯一釣りに行っていなかった日、「元旦」に釣りに行くことができました。

大晦日、世間は新しい年を迎えるべく大阪の街は慌ただしく人が行き来していました。

そんな中、車にタックルを積み込み目的地まで500km超を示したナビ。

2017010601.jpg

夕方に大阪を出発し、広島の友人の家で2017年を迎える。

2017年になった瞬間、再び車に乗り込み目的地へ。

3時の出船に間に合った笑

2017010602.jpg

この元旦釣行が叶ったのはセブン宮崎船長のご厚意。

元旦はご家族で釣りに行かれるようで、それに便乗させていただきました。

船に乗り込みキャビンへ直行。

2017010603.jpg

初夢はなんとも贅沢な海の上で見ることになりました。

ポイントに着くと少し空が明るくなっている。

2017010604.jpg

海の上は例年に比べてとても暖かい。

間も無く感動的な景色が現れる。

2017010605.jpg

元旦の釣りが初めてなら、水平線から昇る初日の出を見るのも初めて。

新年早々、本当にいい経験をさせていただきました。

そして釣りの方は、2017年ファーストヒットはスルメイカ笑

たくさんの吸盤で福を掴む年になりそうです。

続いて真鯛。

2017010606.jpg

新年早々、元気よく挨拶してくれたので海へ帰っていただきました。

カサゴやフエフキ、マハタにヒラゴ・・・といろんな魚が顔を見せてくれました。

そしてこの釣りのメイン。

2017010607.jpg

周囲をみんなでキョロキョロしてマグロを探します。

2017010608.jpg

何度か顔を出し、少ないながらもチャンスがあったのですが残念ながらヒットには持ち込めず。

マグロを待っている間も他の魚が遊んでくれます。

2017010609.jpg

めいいっぱい1日を楽しんで帰る頃には真っ暗になっていました。

持って帰る魚の下処理。

手際のよさに惚れ惚れしますね。

2017010610.jpg

魚の捌き方で分からなかったことを丁寧に教えていただきました。

2017010611.jpg

自宅に着いたのは2日の早朝。

まさに弾丸ツアーでした。

さて、今年もこんな感じで持ち前のフットワークの軽さを武器に、あちこちへ出かけたいと思います。

今年は、釣りのレポートというよりは釣りを通じての「楽しみ」をテーマに記事を書いていきたいと思います。

旅先の食や風景、宿泊施設など釣りをしている時間以外も楽しいものです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


この記事のURL

キュウマルのヒットシーンからネットインまで
2016年11月15日 10:00

先日のキュウマルのヒットシーンからネットインまでの動画です。

諸事情でモザイク処理が多いですが、ご了承ください。


この記事のURL

大鯛が狙える夢の聖地へ
2016年11月14日 09:00

釣りをしていて感動すること。

自身の記憶では、真っ先に思い出すのが初めてルアーで釣ったブラックバス。

先に餌で釣っていましたが、ルアーで釣ったブラックバスにはとても興奮しました。

次に親父に連れて行ってもらった鳴門で釣ったアイナメ。

ポン級というビール瓶のようなサイズを釣った時。

玄界灘のトップゲームで釣ったクロマグロにヒラマサ。

明石海峡でタイラバを使って初めて釣ったマダイ。

どれもこれも未だ鮮明に覚えています。

そしてこれらの感動は夢へと変わります。

タイラバでマダイをキャッチして以来、より大きなマダイを釣りたいという思いが強くなります。

私の最初の夢は70cmオーバーでした。

それから数年後。

2009年に玄界灘で釣った自身初めてのハチマルサイズである81cmをキャッチ。

初めてみる大きさに驚きを隠せませんでした。

2012年に加太で釣ったハチマルもものすごく感動しました。

それからなかなかハチマルクラスに出会うことができない時間が過ぎながらも、夢はさらに膨らみ90cmというのが一つの壁となりました。

そして今年の夏。

天草で釣った自己レコード更新となる86cm。

90cmという一つの壁には一歩足りなかったのですが、久しぶりにキャッチした大鯛に興奮したものです。

前置きが長くなりましたが、ここ数年は90cmという一つの壁をクリアしたいという思いが強くありました。

そんな中、鯛カブラ.comをご覧になられていたAさんと昨年連絡を取るようになり、かなりの確率で大鯛をタイラバで釣っておられることを知りました。

そして今回、Aさんを訪ねて某所まで行ってまいりました。

もちろん、自身の夢でもある90cmを超えるマダイを求めて。

※匿名、場所を明らかにできない理由は、漁師さんにお世話になったからです。ご了承ください。

待ち合わせ場所までに行く間、ワクワクが止まりませんでした。

初めて訪れる場所ですし、初めてお会いする方。

到着した場所は、自然豊かでのどかなところでした。

のんびりとした時間に船を出します。

港からすごく近い距離で船が止まりました。

準備していると、漁師さんに早速ヒット。

早速ナナマルです。

え?

そしてまた漁師さんにさらに一回り太いマダイが。

は?

完全に飲み込まれてしまい、動揺してしまいました笑

このあとしばしの沈黙。

沈黙は焦りに変わります。

そして、ついにその時が訪れました。

2016111401.jpg

90cmジャスト。

2016111402.jpg

何年も何年も更新できなかったものが、年に2回も自己レコードを更新できるなんて。

それもこれもお世話になっているメーカー様、釣りを通じて知り合った方々のおかげですね。

そして運でしょうか笑

なんとも素晴らしいポテンシャルを秘めた場所ですし、漁師さんのポイント選びもさすがです。

さぁ、これでまたひとつ大きな目標ができました。

メーターオーバーです。

ここでは、メーターオーバーが数本確認されています。

いつか必ず手にしたいです。


<タックル>

ロッド:ビンビンスティックVCM BSC-72MH-VCM
リール:オシアコンクエスト300HG
PE:1.5号
リーダー20lb
ルアー:ビンビン玉爆流160g グリーンゴールド+鯛カーリー+鯛ペケ
シーハンター:10号
針:ジガーライトマダイ向こう合わせ13号


この記事のURL

 
検索
 

最近のエントリー
タイラバ新製品情報と船長会
京都府舞鶴(丹後)タイラバレポート
あいちゃんイチオシNEWアイテム
和歌山県加太タイラバ(鯛カブラ)レポート
フィッシングショーOSAKA2017情報
2017タイラバ関連新製品
再び遠征に
鯛カブラ.comが10周年を迎えました!
キュウマルのヒットシーンからネットインまで
大鯛が狙える夢の聖地へ

カテゴリー
カラーについて
タックルについて
テクニック情報
製品情報
釣行レポート
鯛カブラQ&A
鯛カブラチューニング

アーカイブ
2017年02月
2017年01月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月