鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.com
お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ リンク 管理人のご紹介
鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.comホーム 釣り方の解説 鯛カブラ、鯛ラバのブログ 鯛カブラ、鯛ラバの動画 鯛カブラ、鯛ラバの製品一覧 鯛カブラ、鯛ラバ遊漁船の案内
ホーム > 釣り方の解説 > アタリとフッキングについて
鯛カブラ、鯛ラバの釣り方の解説
釣り方〜バーチカル
釣り方〜キャスティング
ロッドについて
リールについて
ラインについて
鯛カブラについて
スカートとネクタイについて
カラーについて
フックについて
アタリとフッキングについて
ファイトについて
オリジナル(自作)
鯛カブラの制作方法
オリジナルネクタイ
型紙ダウンロード
ビンビン玉チューニング
鯛カブラ便利アイテム
おいしく食べるために

アタリとフッキングについて
アタリがある数だけ魚を獲りたいと思うのは、釣り人みんなが思っていることでしょう。

特に鯛カブラは良く「バレた?」「のったのに外れた?」「フッキングしないほうがいいのかな?」などという声をよく耳にします。みなさんも「今日はなんだか良くバレるな・・・」や「今の大きかったのに・・・」と悔しい思いをされたことが多々あると思います。

まず、アタリの様々なパターンを春夏秋冬に分けてそのシーズン特有の「良く有るパターン」を説明します。(ただし、あくまでも「良く有るパターン」です。すべてが当てはまるとは限りませんので、参考程度にしていただければと思います。)


乗っ込みのシーズン。誰もが産卵前の荒食い?と思いますが、当たり外れも大きく、水温が低いため低活性です。

一年のうちで一番低水温な時期から始まり、暖かくなるに連れて産卵行動に移るこの時期、産卵前の荒食いの期間を除けば、真鯛は低活性になっている事やバイトもかなり弱々しい事が多く、アタリを感じるのが難しくてなかなか釣行の伸びにくい季節です。

アタリは、「カッカッ」と弱々しく、低活性のため鯛カブラを追いきることができません。すぐに放したりアタリの後、リーリングスピードにムラを出すとフックアップに至らないケースが多いです。感度よりも食い込み重視の柔らかめのロッドを使うとフッキング率がアップします。


産卵を終えて体力を回復した真鯛が荒食いをします。餌も甲殻類からイワシなどの小魚に変化します。小魚についている真鯛の荒々しいアタリは病み付きになります。

普段よりアタリは激しく強い力で鯛カブラを噛んできます。アタリは「ゴンゴン、ガーン!」といったようなものや、一気に「ゴーン!」といった食う気満々のアタリが多くなるのが特徴です。


春の「桜鯛」秋は「紅葉鯛」という言葉があるように一年の中で真鯛がおいしくなる季節です。

夏と同様釣りやすい季節ですが、侮っていると気難しい真鯛に翻弄される季節でもあります。シャローからディープまで安定した釣果が得られるため釣りやすそうなのですが、同じエリアでもポイントにより活性の違いがあり、一言でこの時期のアタリの特性を語ることはできません。

常にアンテナを張り、周りの状況に目をやるのが一番です。このようなことを書けば何か難しく思いますが、基本的にアタリは分かりやすく、フックアップまで手こずることは少ないため釣りやすい季節です。難しく考えず臨機応変に釣ってください。


とても難しい季節という先入観がありますが、真鯛を探しやすい季節でもあります。

徐々に水温が下がり一気に活性が悪くなる季節ですが、逆に考えると真鯛は活性が低いなりに一箇所に固まっていたり、同じ行動をとったりするのでパターンが掴みやすいのが特徴です。

アタリの特徴は前アタリの後、リールを巻き続けると、いつものように「カッカッカッ」とアタリが出ることが多いです。この「前アタリ」というのは決してハッキリしたものではなく、「微かに何かが触れた」と言ったような生命感が感じられない、クラゲの足に引っかかったようなアタリです。

このアタリを確実に感じ心の中で「来い!来い!」と念じながら次に来る本アタリに備えリーリングするのと何も感じないとでは釣果は全く変わってきます。

冬も春同様にロッドのセレクトが重要です。もちろん感度重視なのですが、できればロッド自体の重量の軽い物(リールを装着し軽く感じる物)が良いでしょう。

このようなタックルでないと前アタリ後の細かい操作(リーリングスピードを変化させたり)がしづらく、さらに本アタリを待つ段階で軽いタックルの方が腕や手に力が入らず、フックアップに持っていきやすいです。

もともと低活性なので腕はもちろんのこと、タックルのバランスで釣果にも反映され、実際に一年の中で一番“差”の出るシーズンです。


フッキングについて
さて、これらのアタリを確実にフックアップさせるためには、基本的にフッキングは必要だと思います。

理由は、フッキングしないと針先だけが掛かった状態で、真鯛が頭を振ると、いとも簡単に外れるからです。ただし、フッキングをしたからと言って、きちんと刺さる訳ではありません。

水深が浅ければ、少しでも針掛かりを確かなものにできますが、深ければ糸フケなどを考えるとほとんどフッキングできていません。少しでも針先を深く入り込ませるくらいに思ってください。

フッキングは、「真鯛の重みがのってからスイープに」が基本です。「スイープに」とはロッドをゆっくり大きく立てる感じです。

フッキングしてもきちんとフッキングできていないと言ってるのに、釣り上げた真鯛はきちんとフッキングできています。この矛盾は、実はファイト中にグイグイと針先が食い込み、だんだんと確実に針が刺さっているためフッキングできていると勘違いするのです。