鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.com
お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ リンク 管理人のご紹介
鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.comホーム 釣り方の解説 鯛カブラ、鯛ラバのブログ 鯛カブラ、鯛ラバの動画 鯛カブラ、鯛ラバの製品一覧 鯛カブラ、鯛ラバ遊漁船の案内
ホーム > 釣り方の解説 > 釣り方〜キャスティング
鯛カブラ、鯛ラバの釣り方の解説
釣り方〜バーチカル
釣り方〜キャスティング
ロッドについて
リールについて
ラインについて
鯛カブラについて
スカートとネクタイについて
カラーについて
フックについて
アタリとフッキングについて
ファイトについて
オリジナル(自作)
鯛カブラの制作方法
オリジナルネクタイ
型紙ダウンロード
ビンビン玉チューニング
鯛カブラ便利アイテム
おいしく食べるために

釣り方〜キャスティング
キャスティングはその名の通り、鯛カブラをキャストして横引きする方法です。

キャスティングに有効な状況は、水深25m以浅で真鯛がボトム付近に貼りついている状態です。

ジグの横引きと同じで、船のプレッシャーを避け、かつより多くのヒットゾーンを生み出せる釣り方です。タックルはバーチカルで使うタックルのままでOKです。リールはキャスティングしやすいバスフィッシングタイプ(ソルト対応)のものがおすすめです。

この釣りは、潮の流れる方向に対し、流れに逆らう形で鯛カブラをリーリングできる方向にキャストすることが重要なポイントです。

通常、真鯛は流れに頭を向けているので、真鯛の後方から前方へと鯛カブラを通す形になります。真鯛の真横から前方に移動するので、そのままの体勢で鯛カブラを追いかけることができます。目で見えないところ(方向)から見えるところ(横から前方)に移動するものによく反応するからです。逆の場合、真鯛の前方から後方に移動するので、反転して追いかけないといけません。こうなるとよほど活性が高くない限り、追うことをしないでしょう。

タックルですが、ロッドはトルクのあるものがおすすめです。

キャスティング後に着底した鯛カブラは、底から自分の方に向かって真っ直ぐ斜めにリトリーブコースを取っているように思われますが、実際はそうではありません。キャストする距離にもよりますが、潮流などによる水圧・引力などの影響で最初は底を這うようにコースを取りますが、自分(船)に近づくに連れて徐々に上方にコースを取ります。


この釣り方ができる水深ですが、水深はもちろん、潮の速さや海底の状況によって変わります。

キャスティングをする時のおおよその目安は、以下のような状況です。

1) 水深は25メートル以浅(底取りの状況により25メートル以浅でもしない場合がある)
2) 海底の起伏が大きくない場合(根がかり回避)
3) 二枚潮でない時

リーリングはキャストし着底したらすぐに開始します。10m程リーリングしたらクラッチを切って着底させて再びリーリングするのですが、この動作を2、3回繰り返すと自分の真下までルアーが来ているので、一度鯛カブラを回収し再度キャストします。

スピードや巻き上げる水深はバーチカルを参考にしていただければ良いと思います。ただ、横引きなので真鯛の反応がある層をカバーするとなると、バーチカルよりもさらに巻き上げる必要があります。

目安としては、リーリングしてフォールさせる時にどのくらいラインが出て行くか?を観察すると鯛カブラがどれくらい浮いているか予測できます。明石などでは水深10メートル以浅のポイントを狙うこともあり、キャストして一度もフォールさせることなくピックアップする場合があります。

バーチカル、キャスティングともにどちらもできる状況であれば、よりよく釣れる方を選びましょう。

例えば、シャローでバーチカルをしていてリールを5回巻くまでにバイトが集中しているようなら、迷わずキャストし、真鯛のレンジが明らかにボトムを切っているならバーチカルで狙います。

乗合船などでは周りの動向を見て周囲がキャストしていたらバーチカル、逆に皆がバーチカルで狙っているのならキャスティングにし、できるだけフレッシュな真鯛を狙うように心掛けてましょう。

最後に、キャスティングに関しては必ず船長に確認してから行ってください。キャスティング方法はアンダーハンドキャスティングを心がけましょう。また、周囲の人々に注意し怪我やトラブルにならないよう十分な配慮をお願いします。