鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.com
お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ リンク 管理人のご紹介
鯛カブラ、鯛ラバ専門サイト|鯛カブラ.comホーム 釣り方の解説 鯛カブラ、鯛ラバのブログ 鯛カブラ、鯛ラバの動画 鯛カブラ、鯛ラバの製品一覧 鯛カブラ、鯛ラバ遊漁船の案内
ホーム > 釣り方の解説 > オリジナル(自作)鯛カブラ制作方法
鯛カブラ、鯛ラバの釣り方の解説
釣り方〜バーチカル
釣り方〜キャスティング
ロッドについて
リールについて
ラインについて
鯛カブラについて
スカートとネクタイについて
カラーについて
フックについて
アタリとフッキングについて
ファイトについて
オリジナル(自作)
鯛カブラの制作方法
オリジナルネクタイ
型紙ダウンロード
ビンビン玉チューニング
鯛カブラ便利アイテム
おいしく食べるために

オリジナル(自作)鯛カブラ、鯛ラバ制作方法
自作した鯛カブラで真鯛を釣る・・・考えただけで楽しいですね。

簡単に作れますので、その制作方法を説明します。

1)準備するもの

■アシストライン
・よつあみ/シーハンター10号(70lb)

■フック
・オーナー/PEうたせ真鯛、伊勢尼など(10/11号、11号/12号のどちらか)

■シリコンスカート
・ブラックバスのラバージグ用から自作

■シリコンネクタイ
・カンジインターナショナル・シリコンシート/シリコンシートロングから自作

■夜光ウキゴム(太)

■鯛カブラ自作用の鉛/タングステンヘッド
・参考/鉛の場合は1号=3.75gです。(例)14号なら14×3.75=約52.5g

■つまようじ

■アロンアルファ

■UVシーラー

■せき糸


2)アシストフックを作る
アシストラインにフックを結びます。外掛け結びで結んでください。

さらにもう片方にフックを結びます。先に大きいフックを結んでいれば小さい方を、先に小さいフックを結んでいれば大きい方を結びます。フックとフックの間隔は約15cmです。(お使いのヘッドにより調整してください)

写真のように結びコブを作ります。

写真のように約35mmになるよう調整します(お使いのヘッドにより調整してください)。フックは短い方に大きいフックがくるようにし、小さい方のフックが大きい方のフックの懐部分から少し離れるようにしてください。フックの結び目には、UVシーラーを塗り補強します。UVシーラーは紫外線で硬化するため、専用の硬化機器か太陽にあてて硬化させます。


3)スカートを作る
ブラックバス用ラバージグ作成用のシリコンスカートを用意し、8〜10本程度を1組にします。中央部分をせき糸で結束します。シリコンスカートの素材についてはこちらを参考にしてください。

結束したらせき糸の余った部分をカットします。

全長が9.5cm〜10cmくらいになるようカットします。


4)ネクタイを作る
ネクタイの型紙、シリコンシート、スティックノリ、アートナイフ、定規、カット用下敷きを用意します。

ネクタイの型紙の裏にスティックノリを塗ります。カンジインターナショナル・シリコンシート/シリコンシートロングに対応したネクタイ型紙ダウンロードはこちらから。※その他のネクタイ用シートにも汎用性があります。

シリコンシートを乗せて固定させます。

シリコンシートを固定したら型紙を裏返し、定規を充ててカットします。アートナイフの刃は、常に新しいものを使うことで綺麗にカットすることができます。

ネクタイの完成です。


5)各パーツを組み立てる
アシストラインの輪の中にネクタイとスカートを通し、約5mm程度にカットした夜光ウキゴムを通します。

夜光ウキゴムを結びこぶの方に移動させ、結びこぶにかぶせてネクタイとスカートを固定します。

ヘッドに通して、つまようじで固定します。

つまようじをカットし、アロンアルファで固定します。

ヘッドのカラーリングはマニュキュアなどが手軽でおすすめです。

※シリコンスカートとネクタイの組み合わせカラーチャートについてはこちらを参考にしてください。