タイラバカップ in 瀬戸内・第1回しまなみ大会

広島県尾道市で開催された「タイラバカップ in 瀬戸内・第1回しまなみ大会」に参加してきました。

場所が変わっても鯛ラバーズスタッフのおかげで、駐車場や受付の誘導がスムーズ。これだけの参加者を滞りなくスムーズに誘導する術はさすがです。

受付が終了し、ルール説明から競技に入ります。25cm以上の真鯛2枚の重量勝負。この海域からすると最低ナナマル混じり、ウエイトで言うと4〜5kg以上でないと上位には食い込めそうにありません。一発勝負に行くか、コツコツ刻むか、人それぞれ様々なプランを胸に乗船を始めます。

さて、もちろん一発狙い(笑)ゴーマル2本揃えてもナナマル1本に及びませんからね、夢のある大物を狙わないと。昨日の感じからして潮が入れ替わるまでが勝負かな。

ポイントに到着。早い時間にフォールでもってかれました。幸先いいスタートと思いきやダッシュが止まらない(笑)まぁまぁ走ってティップが軽やかなおじぎを繰り返す。あーーーっ、青物だなこりゃ。周囲のみなさんに青物宣告をして、一度仕掛けを上げていただき、ドラグを締めてネットイン。丸々太ったハマチでした。

これを皮切りに船内忙しくなります。でもね、サイズが小さい。小移動を繰り返すこと数回、同船者がビッグファイト開始

4kgくらいありそうなナナマルが浮いてきました。おめでとうございます。こりゃ鼻息が荒くなりますね。これでハチマル狙いに切り替え(笑)

昨日とは違って、数釣れる展開。シルエットが小さいものに好反応って感じでしょうか。でもね、刻んでも刻んでも50cmあるなしばかり。僕には朝一のハマチさんの挨拶から、アコウ、ホウボウ、マゴチにグチとまぁいろんな方が遊びに来てくれて、エントリーできたのは700gの真鯛1本(笑)

検量を終え、エアコンが効いた表彰会場に入ります。がまかつ主原さんとトークショーをさせていただき、いよいよ表彰が始まります。プレゼンターはあいちゃん。

そんなあいちゃんですが、1本4kg超のエントリーで4位に入賞!おめでとうございます!

いよいよトップ3の発表です。4kg台のあいちゃんが4位なので、トップ3はそれ以上が確定。5kg台・・・と優勝は7kg超でした。優勝された方はワサワサ系、いわゆるボリューム大のタイラバで大会の中盤にポンポンとキッカーサイズを2枚続けて釣ったそうです。

やはりポテンシャルが高い海域でしたね。優勝ウエイトが跳ね上がりました。また来年、頑張りたいと思います。

さて、次は9月。鯛ラバカップ最終戦は淡路島大会です。

明石海峡が決戦の舞台。最終戦、また今年は大会いいとこなしなので全力を尽くして頑張ろーっ。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP