鯛ラバ専門情報サイト

ジャッカル・タイラバ関連新製品情報

フィッシングショーOSAKA 2016に参加してまいりました。
2016021001.jpg
さて、今年のジャッカル・タイラバ関連製品をすべてご紹介します。
まずは瀑流鉛式ビンビン玉スライドに45gと60gが追加されました。
商品詳細はこちら
軽いウエイトが追加されたことにより、比較的浅いエリアが多い瀬戸内などの地域ではとても重宝するウエイトです。
ちなみに、従来の丸型との違いは「静か動か」。
丸型は動かずフィネスな誘いをするのですが、瀑流はスラローム軌道のヘッドアクションでアピールして誘います。
分かりやすく例えると、ネクタイのストレートとカーリーの使い分けのようなもの。
動かない方がよいか、アピールした方がいいのか。
季節や状況によって、真鯛が好むアクションにあわせることが釣果を伸ばすコツです。
瀑流鉛式ビンビン玉スライドに45gと60gは3月の発売予定らしいです。
続いて、ジャッカルがワームをリリースします。
まずはカーリータイプのビンビンワームトレーラー 鯛カーリー。
商品の詳細はこちら
2016021003.jpg
そして鯛節ストレート。
商品の詳細はこちら
2016021004.jpg
私が個人的に思うワームのメリットは、
・針に絡みにくい(干渉しにくい)
・味、匂いなどの要素が加わる
・シリコンネクタイにない波動
です。
開発者に聞くと、これらの様々な要素についてトライアンドエラーを繰り返したそうで、すでにタイラバでワームを使用することがスタンダードになっていますが、すぐに商品を出すことはせず、あえてじっくり完成度の高いものをリリースすることに徹したそうです。
他の特長としては、
・1本である(装着した時に2本にならない)
・長さ調整ができる
ことでしょうか。
1本にすると、同じ色を2本つけることによるアピール力の増加や、異なるカラーをつけてのコントラストによるアピール、従来のネクタイにワームを追加させて目先を変えるなど、幅広いシチュエーションにあわせやすいメリットがあります。
次に、針に刺して使うトレーラーワーム。
商品の詳細はこちら。
https://www.jackall.co.jp/saltwater/products/lure/tai_kabura/binbinwormtrailer_comb/
https://www.jackall.co.jp/saltwater/products/lure/binbinwormtrailer_peke/
2016021005.jpg
針を浮かせてネクタイなどのパーツに添わせることができたり、バイトマーカーのような使い方もできます。
こちらもカットして長さ調整が簡単にできます。
あとはこのトレーラーを持っていると、最近流行の「バチコン」にも対応できますね。
真鯛を狙っていて遭遇するアジやメバルなどを仕掛けを変えるだけで狙うことができます。
今年は私もこれに挑戦してみようと思います。
ワーム関連はすべて3月の発売予定らしいです。
続いてビンビンインチクにも45gをはじめとする軽いウエイトが追加されるようです。
2016021007.jpg
キャスティングタイラバはもちろん、ショアからのロックフィッシュ狙いなどにも対応できるウエイトサイズですね!
最後に、タイラバとひとつテンヤが融合したテキサステンヤが展示されていました。
2016021006.jpg
タイラバパーツをつけたり、テンヤの針をセットした餌釣り、ワームをつけたテキサスなど、1つのヘッドで様々な釣りに対応できるものです。
半固定のシステムでバレにくさも考慮しています。
今年の新製品も楽しみですね!
さて、ショーではたくさんの方々とお話しさせていただきました。
まずは初日の業者日。
ここでは、各地の遊漁船の船長にお集まりいただき、毎年恒例の船長会を開催しました。
今年は20名以上の船長が参加され、食事をしながら情報交換などをしていただきました。
2016021008.jpg
一般日はソルトチームで皆様をお出迎え。
2016021009.jpg
タイラバは亜衣ちゃんと二人で担当させていただきました。
2016021010.jpg
ところで、ソルトチームにどこかでみた少女が・・・
2016021011.jpg
そうです!J1ソルトグランプリでドラゴン8チームに所属していた海里さん。
セブンスライドを考案したガイドサービスセブン・宮崎船長の娘さんです。
彼女が2日間、私たちと一緒にジャッカルブースを盛り上げてくれました。
利弥丸の常連さん。
2016021012.jpg
伊達丸の伊藤船長。
2016021013.jpg
そしてステージでは亜衣ちゃんと。
2016021015.jpg
海里さんもステージに上がりました。
2016021014.jpg
17歳とは思えない堂々としたステージでした。
今後も彼女の活躍に期待したいですね。
最後になりましたが、今年もたくさんのご来場、誠にありがとうございました。
2016021016.jpg

製品紹介の最近記事

  1. [2020年最新]瀬戸内で使いやすいおすすめの鯛ラバ用リール

  2. 【2020 リニューアル情報】鯛ラバロッド BINBIN STICK VCM / ビンビン…

  3. ”揺らぎ”のビンビン玉

  4. 釣りでおすすめのライフジャケット

  5. 2019年度版【鯛ラバ初心者必見!】鯛ラバタックルセレクト(ロッド・リール・ライン・鯛ラバ…

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP