鯛ラバ専門情報サイト

タイラバ(鯛カブラ)で重要なパーツ

ジャッカルから、私も楽しみにしていた「爆流ビンビン玉スライド」が発売になりましたね。
気がつけば、こんなにも豊富なラインナップとなっています。
2015101600.jpg
上から、ビンビンインチク、爆流ビンビン玉スライド、ビンビン玉スライド、ビンビン玉クイックスプリングです。
今回、注目したいのは爆流ビンビン玉スライドで新しく採用された「バックファイヤーキャップ」です。
2015101605.jpg
現場でカラーチェンジなどをする際にとにかく手軽で、驚くほど簡単かつ素早く作業ができます。
また綺麗にパーツをまとめ、安定して泳がせることができるように考えられています。
2015101607.jpg
2種類の大きさがあり、シーハンターの太さによって使い分けられています。
バックファイヤーキャップの構造です。
2015101609.jpg
スカートやネクタイの交換方法はいたってシンプルで、シーハンターにスカートとネクタイを通して、バックファイヤーキャップを被せるだけです。
スカートはあらかじめ、中央をPEラインなどで縛ったものを用意しておくのもよいでしょう。
2015101611.jpg
クイックスプリングを使われたことがある方なら、すでにこの方法でご用意されていますね。
2015101610.jpg
バックファイヤーキャップは、セブンスライドに比べてパーツのシルエットがコンパクトです。
2015101606.jpg
一方、セブンスライドはスカートがフワフワと漂い、アピール力があります。
水押や波動も異なるでしょう。
2015101604.jpg
これらを使い分けることで、これまで以上にその日の状況にあわせた釣りができるようになったと思います。
ビンビン玉スライドにバックファイヤーキャップ、瀑流にセブンスライドという組み合わせもできます。
2015101613.jpg
さらにビンビンインチクのパーツを流用してもおもしろいでしょう。
2015101614.jpg
2015101615.jpg
また、ビンビンインチクにはビンビン玉のパーツも流用できます。
2015101616.jpg
2015101617.jpg
バックファイヤーキャップが追加されたことで、さらに広がりを見せたビンビンシリーズ。
2015101618.jpg
こうなると、バックファイヤーキャップの単品販売を望みたいところですね。
2015101602.jpg
ちなみに、名前の由来は、後ろ方向(バック)にパーツが放出(ファイヤー)されたように揃うからだそうです。
めちゃくちゃですが本当のお話です。
言いたいことはわかるような気がしますね笑

製品紹介の最近記事

  1. 釣りでおすすめのライフジャケット

  2. 2019年度版【鯛ラバ初心者必見!】鯛ラバタックルセレクト(ロッド・リール・ライン・鯛ラバ…

  3. 2019年度版【鯛ラバ初心者必見!】鯛ラバのリールはどれがおすすめ?

  4. ブルブルどっかーん!ビンビンインチクでエキサイティングな釣りを

  5. [おすすめ]海水でも錆びにくいフィッシングナイフ(釣り用ナイフ)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP