鯛ラバ専門情報サイト

和歌山県加太・タイラバ(鯛カブラレポート)

12月に入っても例年になく暖かい日が続いていましたが、年末になるとさすがに冷え込みがきつくなってきました。
そんな中、中島プロ、藤井プロと一緒に加太の清海丸へ行ってきました。
2015122701.jpg
ポイントは水深25〜30m付近。
朝一番は全くアタリがなく、ビニールにはアタリがありポツポツと上がる。
ゆっくりな巻きに反応しているので、巻きスピードをやや緩めて探る。
まずはホウボウ。
2015122702.jpg
続いて・・・
2015122703.jpg
中島プロに綺麗なゴーマル。
2015122704.jpg
ボトムから20巻きくらいできたとのこと。
水深の半分くらい浮いている感じ。
中島プロ、続いて同じサイズを今度はボトムで。
うーん、アタる水深がマチマチ。
ボトムから中層を探ると効率が悪いので中層だけを探りたいけど、かと言ってボトムでも釣れるのでやっぱり幅広く探るしかないのか?
こちらはキャスティングのフォールで。
2015122705.jpg
次はバーチカルでヨンマル。
藤井プロにも。
2015122706.jpg
周囲を見るとビニールはコンスタントに釣れているのですが、タイラバはどうも形勢不利のようで・・・
ベイトもなにかよく分からないですし、釣り上げた真鯛のコンディションを見てもやや痩せ気味。
こういう時ってアタるカラーもマチマチですし、これといったパターンもなく1日やり通してなんぼって感じになります。
ラストは藤井プロにビックヒット。
2015122707.jpg
エイでした。
2015122708.jpg
釣果的には一人2、3枚というところです。
港に戻り、みんなでランチ。
港から徒歩5分のところにある満幸商店へ。
2015122709.jpg
2015122710.jpg
2015122711.jpg
いつものことながら、コストパフォーマンス抜群のランチでした。
現在、日ムラはあるようですが、周囲の船を見ている限りではいい感じだと思います。
年末年始も加太方面は出船できる天候になりそうです。
年内、ラスト2回の釣行はすべて加太。
コンディションの良い、グッドサイズを釣りたいものです。

実釣レポートの最近記事

  1. 噂の秘境に来てもらいました

  2. [竹野でタイラバ記録的釣果!!]ハチマル5枚にナナマル40枚!怒涛の大鯛ラッシュを味わって…

  3. 島根タイラバレポート

  4. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ(南蛮漬け)

  5. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP