鯛ラバ専門情報サイト

三重県紀伊長島タイラバ(鯛ラバ)レポート

GW前半は、三重県の紀伊長島へ行ってきました。
三重県と聞いてあまりピンと来ない方もいらっしゃるかと思いますが、実はタイラバが密かなブームになりつつあるフィールドなのです。
そんな中、和栄丸にお招きいただきどんな感じのところなのか見に行ってきました。
野呂船長とは今年のフィッシングショー大阪で初めてお会いしました。
現在は、タイラバ遊漁に向けてポイントなどを日々開拓されています。
元々は漁師をされていて、ここ最近遊漁船を始められたとのこと。
漁師をされていたのであれば、遊漁船を始められて間もなくと言えどすごく期待しちゃいます!
2016043001.jpg
この日は我々のためにチャーター。
外海だけあってすごく海が綺麗です。
2016043002.jpg
狙った水深は40〜50mといったところでしょうか。
この日のスタイルはドテラ流しなのですが、ポイントの移動が早い。
ベイトの反応が薄くなればすぐに移動するスタイルでテンポがいいです。
早い時は2、3回の巻き上げで移動になるので、このスタイルならタングステンが有利でしょうね。
船長は80gを推奨されていました。
さて、ベイトは底から10m付近にたまっています。
ベイトは小さいイワシとのこと。
2016043003.jpg
しかし、タイラバを巻いてもカラーをチェンジしてもポツリポツリと釣れる程度。
アタリはあれど「コンっ」というショートバイト。
ベイトが小さいからか?とショートネクタイを試したり、ワームを使ったり、リアクション狙いの高速巻きをしたり。
あらゆることは試してみたのですが、どうやらこの日の真鯛の機嫌は悪いようで、結局真鯛は1枚。
あとは、ハナダイやイトヨリ、エソといった釣果となりました。
2016043004.jpg
次の日、ご自分で出られた船長はいいサイズを釣ってくれました。
2016043005.jpg
ま、今はちょうど産卵に絡む気難しい時期なのでしょうね。
日ムラもあり釣果が安定しないのでしょう。
ですので、今現在はまだタイラバのお客様を募集していないようなのですが、間もなく安定しだすと思われますので、タイミングを見計らって募集開始となるようです。
まだまだ手探りなだけに、どれくらいのポテンシャルを秘めたフィールドなのかは未知数です。
私も、また改めて行ってみたい注目エリアです。
ちなみに、大阪からの交通ですと、車で名阪国道を抜け伊勢道〜紀勢自動車道に入り「紀伊長島I.C」より車で5分。
大阪から約200km程度ですので、3時間あれば到着するかと思います。
高速代は伊勢道〜紀勢自動車道だけですので距離の割に財布に優しいです。
そして、僕にはうれしい?午前11時から17時頃の遊漁になるとのこと。
大阪からですと、7時から8時に出れば間に合います。
体にもやさしいですね笑
また、ポイントも港から近く、明石や加太で釣りをしているような感じ。
夏にはシャローに魚が差してくるようなので、キャスティングも期待できそうです。
船長には、浅場で反応が出だしたらすぐに連絡ください!とお伝えしました。
また近いうちに行ってみたいと思います。

実釣レポートの最近記事

  1. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ

  2. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

  3. 鯛ラバカップ in 瀬戸内・第4回淡路島大会に参加しました

  4. [家族で楽しめる船釣り!]手軽で快適な淡路島観光ホテルのチャーターボート

  5. やっぱスルメデスの釣りはおもしろい!

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP