鯛ラバ専門情報サイト

明石鯛カブラレポート

松本です。こんにちは。
今日は明石の利弥丸さんへ鯛ラバに行ってきました。
試し釣りでしたが、大潮ということもあり期待が持てます!
先週も試し釣りで出られたそうなのですが、朝の潮の潮止まりの時間にバイトがあったようなので、朝一は特に集中です!水温は11.9℃。水質はクリア。
間もなく私の父にヒット!
08040501.jpg
たまに釣りに連れて行くのですが、これがまたなぜか釣るんです(笑)
さすが私の師匠(笑)
続いて同船者の方にヒット。
08040502.jpg
いずれもビンビン玉45gのオレンジ。
バイトは底5巻き以内とのこと。
魚探の反応も良く、イカナゴが表層に群れていたのでもしや爆釣?
と思いきや、これが続きません。
いい時は一人バイトがあると続くのですが、単発で終わり・・・
それからはシーバス2本とチャリコが1枚上がっただけで、納竿までバイトなしの厳しい状況でした。
結局35cm〜チャリコクラス3枚にシーバス2本。
普通に釣れる?ようになるにはもうひと潮でしょうか。
次回の大潮に期待ですね。
ということで、また私はノーフィッシュのため登場できず・・・
ま、そのうちデカダイを持って登場しますから(笑)
話は変わりますが、ジリオンPEの使用報告を。
やはり、ノーマルジリオンに比べ格段に巻き心地が軽いですね。
こういうものを体が覚えてしまうと、先日まで使用していたノーマルジリオンが使いにくく思えてしまいます。
うたい文句のキャスティングも快調!!
レベルワインダーがラインの巻き取る際に左右に早いピッチで動くので、PEラインが下糸への食い込みが軽減されていますので、スムーズにキャスティングができます。
今リリースされている鯛ラバに使えるリールとしては、最高のものだと思います。
次にメガバスのカブラX。
バーチカルでは変わった動きはないものの、横引きでは細かいピッチで首を振りますね。
ノーマルのネクタイは短く、長さや太さにバラつきがあるのでせっかくの首ふりを生かすためにはネクタイのチューニングが必要ですね。
昨夜松本トレッドにチューニングしたネクタイではいい感じのアクションになっていました。
さて、久しぶりに鉛製のカブラを使用したわけですが、タングテンに慣れている体には少々使いにくく思えてしまいます。着底がすごく遅いように感じたのと、着底の瞬間の感度、さらに巻き心地の重さが気になりました。
逆に鉛製からタングステンに変えると劇的に様々な情報が明確になります。ただし、鉛製カブラのアンサーやカブラXのような扁平かつ大きなヘッドは、時に劇的な釣果をもたらすアピール力があるのは確かです。
状況次第で使い分けることでさらに釣果がアップしますよ!

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP