鯛ラバ専門情報サイト

紀淡海峡鯛カブラレポート

こんにちは、大塚です。
先週は都合により釣りには行けなかったので2週間ぶりの釣行となりました。
前日までの流れは先週の日曜ぐらいから新しい群れが入ったのか黒潮の関係で水温が安定したせいか急に真鯛の活性が上がり連日好釣果が続き期待が持てるとのこと。
朝5時30分に港を出て一つ目のポイントへ。
ここは25m前後の緩やかに起伏のあるサンドバー。他の遊漁船もすでに集まっており大船団が出来ていて釣り人も多く改めて情報のすごさを痛感しました。
まず定番のビンビン玉45gオレンジネクタイからスタート。
流し始めてすぐ今回一緒に釣行した土井氏(哲ちゃん)が掛けた!が、数秒後フックアウト(涙) しかしまだ始まったばっかり、逆に調子の良さを裏付け二人ともヤル気全開!と、すぐにまたまた哲ちゃんが掛けた!
この男、たまに一緒に釣行するのですが、必ずと言っていいほど哲ちゃんが釣りをする日は真鯛の活性が上がり釣果も良い。持って生まれた運なのか神が降臨しているのか・・・ またまた今日も例外じゃ無さそうな予感w
でっ、何かを叫びテンション高くファイトを楽しみ、50cmオーバーの魚体が海面に姿を現した頃には私の心中も穏やかでなくなり「コイツぅ、今日は絶対いわしたる!」と、殺意にも似た感情が芽生えました(笑)
いやいや、カワイイ後輩やんと心を入れ替え慈悲の心を出した瞬間、私にもあの何とも言えないアタリが・・・「神様、ありがとう!」と心の中でつぶやきアワセるといきなりドラグが勢いよく出て、それと同時に「ヒッヒッヒッ!これは哲の魚よりデカイ(ニヤッ)」と悪魔に心を乗っ取られ自分の大人気なさを痛感しましたw
それはともかく久々のイイ引きを味わいこの上ない幸せに包まれながら上がってきたの64cm2.8kgのオスでした。
その後、8時までバイトは頻繁にあったものの、私も哲ちゃんもフックアップまでなかなかなかなか持ち込めず苦戦しましたが、リーリングスピードやネクタイやスカートのカラーをチェンジしながら修正していき、50cmと40cmを追加し2匹ずつ仲良くストップフィッシングとなりました。
今回バイトの数はかなりあったのですが数を延ばす事がなかなかできず正直、手も足も出ない感じでした。
ただカラーやスピードの違いでバイトの数が極端に違ったのでこの辺りの事を煮詰めていくと新しいステージにステップアップできるような気が・・・
今後ともいろいろ試し研究していき明らかになり次第この場で紹介していきたいと思います。
08040601.jpg
08040602.jpg
08040603.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 夏の午後はからのんびり明石で鯛ラバ|明石鯛ラバレポート

  2. 大雨後のタイラバ

  3. 久しぶりの釣行

  4. 日本海ディープタイラバには夢がある

  5. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP