鯛ラバ専門情報サイト

鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
今日は、エサ一ルアー館の大西さんに誘ってもらい鳴門海峡に行ってきました。
ここのところ私がよく行く明石、鳴門、加太では潮色がクリアーで前日、前々日と天候が悪かって少しは濁りが入り釣りやすくなっているかなぁと淡い期待を持ち挑んだのですが、水質は相変わらずクリアー。
さらに前日が満月と言う事で、スポーニングを追えたばかりの真鯛が口を使ってくるか不安な幕開けとなりました。
午前5時30分港を出船し20分ほど走って一つ目のポイントへ。水深60m前後のポイントで、クリアーな潮色を考えるとちょうど良い水深のように思えたがバイトが無い。数回流したのですが生命感が感じれない(涙)
潮速が合わないのか潮流の微妙な方向が違うのか、全く反応が無いので移動。数箇所周って今度は70m前後のポイントへ。
到着して一流し目いきなり私にバイト!ボトムから2mでバイトしフックアップにも成功!が、しかし10mぐらい巻き取ったぐらいから全く引かない!「ん、ガシラ(かさご)」と思いましたが上がってきたのは25cmぐらいのカワイイ鯛(笑)
体には線状の傷が・・・クラゲにやられてました。イケスに入れましたが瀕死の状態!途中で引きがなくなったのはクラゲのせいだったのです。これだけは意識的に避けれないので仕方ないのですがせっかく釣ったのに気持がスッキリしないです(涙)
それからしばらくは外道のガシラオンリーで、なかなかテンションも上がらなかったのですが3、40分後エサ一ルアー館の店長さんに「カッカッカッ・・・」と真鯛のバイト!
小気味よい引きを楽しみあがって来たのは40cmの綺麗な真鯛!スポーニングに絡む真鯛が活性が低いことを考えると、今日のレイトではこのサイズはGOODです!しばらくの間、私にも数度バイトがありましたが、超が付くほどシビアなバイトばかりで、なかなかフックアップに至らず苦しんでいると大西さんにもヒット!上がって来たのはかわいいチャリコ。
みんなに茶化され大西さん自身も複雑な表情(笑)
その後、私が30cmの真鯛を追加しバイトが止まったため漁礁を周ることに・・・ ガシラを数匹釣り上げたころ大西さんのロッドがガシラにしては曲がっていました!
ボトムから5回程リールを巻いたときにバイトしてきたらしく鯛かなぁと思っていると上がって来たのは何と「カレイ」。
地元では「ダイロク」と呼ばれ貴重でかなり美味らしいです!
その後バイトが無くなり残念ですが今日はこれでストップ。
一潮前の同じ日に釣行したときもそうだったのですがスポーニングに絡むようなサイズの良い真鯛はなかなか姿を見せてくれませんでしたが珍しい魚も見ることが出来楽しい一日でした。
早くイワシが周って来ないかなぁと思う今日この頃です(笑)
08052104.jpg
08052105.jpg
08052106.jpg
08052107.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP