鯛ラバ専門情報サイト

鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
7月28日、今回は5人で鳴門のなると丸さんに行ってきました。
5時30分、いつものように港を出船し鳴門大橋をくぐり南側のポイントへ。
ポイントに到着すると漁船やプレジャーボートなどの船団が出来ておりましたが、大半の船がアジを狙っている様子でした。
そのような中スタートフィッシング。
水深35m前後の鳴門にしては比較的浅いポイント。
潮が小さいせいか、鳴門大橋より南側にはイワシの群れが多く、ここも時折水面に姿が確認できた。
スタートしてすぐに全員でアタリが出だし、活性も良さそう!
すると、私にもボトムから10回巻いたときにバイト!
そのまま巻き続けフックアップ成功!
難なく取り込んだのは40cmぐらいの真鯛。
イワシの多いエリアでは少しサイズは小さいが、朝一の真鯛を確実に取り込むことができたことにホッとひと安心w。
何しろイワシに着いている真鯛は、皆さんご承知のとおりフックアップしてもバラシ易く半分も取れないことが多いのです。
同船した皆も次々にヒットさせるのですが、バラシが多くなかなかイケスに真鯛を入れることができません。
同じエリアで1時間ほど当たり続けましたが、上がったのは5匹(涙)
フックアップはその倍以上、バイトに至っては2、3分に一度の間隔でありました。
60cmを筆頭に、アベレージも50を超えていたので悔やまれる結果です。
潮が緩んだので少し上りポイント移動。
水深は若干浅くなった物の先程のポイントと同じような感じ。
バイトは減ったがそれでも飽きない程度にある。4、50分程度やり船中で2、3匹上げ、この時点で私に阪本氏、テッちゃんにジローさんの4人は真鯛を数匹ずつGETして全員安打まで大介だけとなり、皆から励まされていたが、何しろ今日が初めての鯛ラバでマンツーマンで教えているが、運悪くここまで6回フックアップしたものの全部バラシ(涙)
潮が緩みバイトが遠ざかり、そろそろ移動かなと思っていると大介にバイト!
隣で合わすタイミングを計り「あわせろ!」と声をかけ本日7度目のフッキング成功!
これには皆も応援w
ロッドはかなり曲がり楽しそうだが本人の目には笑い無しw「楽しい?」と聞くと「・・・・・・」。「大きそうか?」と聞くと「・・・・・・」。
本人は息するのも忘れたかのような真剣モード!
「この男、食べ物にはかなり貪欲だ!」
しばらくしファイトし、後10mのところで覗き込み見ていると、タイのように白っぽくない魚体が・・・「マゴチや!」と船長。
それも巨大なヤツでオオサンショウウオみたいでした(驚)
船中かなりのどよめきで、私自身マゴチを専門に狙った事は無いのだが、この大きさは今まで見たことも無く鳥肌物でした。
しかし、釣った大介は大マゴチの意味もわからず「真鯛ちゃうかったわぁ〜(涙)」と意気消沈ぎみw
「じゃー俺の真鯛と替えたるわ」というと何かを察知し「それはいいわ」やってさw
ちなみに港に戻り計測してみると2,5kg66cmもありました。
その後、大介の釣った大マゴチの祟りのおかげで、真鯛のバイトすら無くなり大きく移動する事に。 
この時点で10時30分。
次に入ったポイントは先程より少し深い水深50mのポイント。
ここは去年の今頃大型がよく出たし、前回も良い釣果が出たので期待したのだが、イワシの気配が無い(涙)
案の定、バイトが無い。
再び流し直し、今度は先程より少し浅い35mラインを流すとバイトが出始め、ジローさんにバイト!
フッキングも成功したが、掛かり所が悪く敢え無くフックアウト(涙)
でっ、そこからは船中「ヒット!」「バレた!」の連発で、先程のポイント同様バラさず釣り上げる事が何より難しく、10回以上フックアップしたにもかかわらず4匹しか獲れませんでした。
何とかバラしを軽減できるようフックも伊勢尼、ウタセ真鯛、丸セイゴ、小鯛針、ムツ針・・・とありとあらゆるフックを試しましたが、これといった解決も無かったのですが、バイトからフッキングまでのリーリングにヒントのような物を見つけました。
それに気づいてから、ラストのポイントでは2フックアップ2フィッシュと機会は少なかったのですが一応100%獲りこむことができました。
まだまだ多くの真鯛を掛けなければ判りませんが、飛躍的なキープ率になればまた紹介したいと思います。
最後まで真鯛をGETできなかった大介も、最後のポイントでかわいいサイズを獲ることができ全員安打達成できました。
ちなみに本日の釣果は真鯛60cmを筆頭に14匹、マゴチ66cm、イシモチ2匹でした。
08073001.jpg
08073002.jpg
08073003.jpg
08073004.jpg
08073005.jpg
08073006.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 夏の午後はからのんびり明石で鯛ラバ|明石鯛ラバレポート

  2. 大雨後のタイラバ

  3. 久しぶりの釣行

  4. 日本海ディープタイラバには夢がある

  5. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP