鯛ラバ専門情報サイト

ビンビン玉100gと新ポイズンオーシャンでのディープ鯛カブラ

こんばんは、松本です。
08080506.jpg
先日福岡で初めて見せていただいたビンビン玉の100g。
08080507.jpg
大きさはアンサーの60g相当でしょうか。
一番上がアンサー60gで真ん中がビンビン玉100g、一番下がビンビン玉60gです。
08080508.jpg
一番左がアンサー60gで真ん中がビンビン玉100g、一番右がビンビン玉60gです。
フックやネクタイの装着部分はまだ未定だそうで、お見せできませんが、
現在のものよりもより簡単に交換できる仕組みです。
さて、これを使って100mラインで実際に釣りをしたのですが、
リーリングがとても重い。
それもそうですよね、100メートル以上出ているラインに潮の抵抗が加わり
さらにその先に付いている鯛ラバが抵抗を受ける。
それをライトタックルでやるわけですから・・・
しかも当日は上潮が走り、4-5回のリーリング&フォールでラインが130メートルくらい出るので、一度回収して再度落とさないといけない。これも想像以上に大変でした。
なにせ、初めてのことだったので少々戸惑いましたが、慣れてくるとそんなに
大変だとは思わず、なんなく出来ました。
100メートルというディープでの鯛ラバで感じたことです。
ディープ=大物という印象を受けますが、これに対してはラインを太くせず、
あくまでも0.6〜0.8号のまま使用し、ドラグ調整も通常通りでいいと思います。
想像以上に潮の抵抗を受けるのでラインはできる限り細いものを使用した方がいいですね。
ラインの重みやカブラの重みでシャローでやっているドラグ調整では、普段よりラインが出やすいとは思いますが、逆に締めるとフックがもたなくなります。
あと、アタリですが「カツカツ」とか「コンコン」という訳ではなく、
海藻やゴミに引っかかったような重くなるという感じでした。(釣り上げた鯛が40センチくらいだったからかもしれません)
フッキングは「スイープに大きく」でしょう。
なにせ、ラインがかなり出ておりフッキングがほぼ効かない状況です。
フッキングをアップさせるために、少し長めのロッドを使用する方がいいと思います。
最後に使用する鯛ラバはタングステンが有利でしょう。
フォールスピードが速く潮の影響を受けにくく、鉛に比べシルエットが小さいので
巻き抵抗が激減します。
ビンビン玉の100gが発売されれば、超ディープの鯛ラバがさらに開拓され、
とんでもない大物が現れそうな気がします。
当日、100gのビンビン玉とともに新ポイズンオーシャンもテストしたのですが、
現在のポイズンオーシャンに比べてカーボン・グラスタイプともそれぞれ長めの
設定で、張りがあり100gの鯛ラバを扱いそれをフッキングさせファイトしても余裕のあるものになっていました。
08080509.jpg
手にした瞬間、45gや60gの鯛ラバにも使ってみたいなと思いました。
08080510.jpg
一番左が新ポイズンオーシャンのグラス。左から二番目が現行のポイズンオーシャンのグラス。三番目が新ポイズンオーシャンのカーボン。そして一番右が現行のポイズンオーシャンのカーボンです。
発売は来年くらい?になりそうだということです。

実釣レポートの最近記事

  1. 夏の午後はからのんびり明石で鯛ラバ|明石鯛ラバレポート

  2. 大雨後のタイラバ

  3. 久しぶりの釣行

  4. 日本海ディープタイラバには夢がある

  5. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP