鯛ラバ専門情報サイト

明石鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
今日は久しぶりに明石の利弥丸さんへ行ってきました。
青物の調子も落ちてきて鯛をメインにしていただけるということで、明石の近況を探るのに絶好のチャンス!ということで一日コースで乗船してきました。
まずは朝一番、港を出てすぐのポイントで鯛ラバをするも反応なし。
場所を大きく変えて明石沖へ移動するも、ここも反応なし。
鯛の潮も終わりに近づいたので少し青物に浮気し、再び鯛ラバへ移行。
淡路沖へ移動すると、すぐに同船者にアタリがあるもフックアップせず。
その後すぐに、私にヒット!
あがってきたのは25センチほどのチャリコ。
ヒットルアーはビンビン玉60gの松本レッド。
その後同船者にやや型の良い!?真鯛がヒットするもフックアウト。
ほどよくアタリがあり、チャリコやホウボウを追加。
さらに、同船者に大物!?がヒット。
久しぶりの大鯛!?のようでドラグからラインが良く出て楽しそうなファイト。
あがってきたのはなんとメジロ。
ヒットルアーはビンビン玉60gのオレンジゴールド。
さらに、さらに同船者に40センチの真鯛がヒット。
こちらのヒットルアーはビンビン玉ハイアピールバージョンのレッドオレンジ。
ビンビン玉大爆発でした。
さて午後・・・
午後は鯛一本勝負!
午後は、なんと1人の方が大爆発!
チャリコからスタートして45センチ、40センチ、チャリコを4枚をコンスタントにヒット。
ヒットルアーはビンビン玉45gのオレンジゴールド。
午後はオレンジネクタイが調子が良いようで、私もオレンジネクタイに変更するもアタリなし。
その日のペースを一早く掴んだ方には叶わないようで・・・
あとは鯛を1枚、ハマチを1本同船者が追加し終了。
一流しに複数のアタリはないものの、思っていた以上に明石の鯛の調子はまずまずでした。
この日の午後は僚船にハチマルがヒットしたとのこと。
これからの明石のシーズンは、昨年の状況と照らし合わせるとチャリコサイズが多いものの、うまく良い日に当たれば数釣りも楽しめます。
チャリコはじゃれるようにカブラにアタックしてきますので、針先のチェックは入念にしてくださいね。
根がかりして少しでも刺さりが悪くなれば、面倒でも交換することをおすすめします。
本日はカメラを持って行くのを忘れてしまい写真はございません。
さて、次は素敵なゲストとともに月末に九州方面へ遠征です。
天候次第なのですが、出船できれば三日間ぶっ通しで頑張ってまいります。
話は変わりますが鯛ラバ主催「鯛ラバトーナメント2008」の当選者を間もなく発表いたします。
もうしばらくお待ちください。

実釣レポートの最近記事

  1. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ(南蛮漬け)

  2. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

  3. 鯛ラバカップ in 瀬戸内・第4回淡路島大会に参加しました

  4. [家族で楽しめる船釣り!]手軽で快適な淡路島観光ホテルのチャーターボート

  5. やっぱスルメデスの釣りはおもしろい!

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP