鯛ラバ専門情報サイト

鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
12月20日、今週は鳴門に行ってきました。
朝7時に港を出ると天気予報通り12月と思えないほどの暖かさプラス波もおだやかでヤル気全開!
一つ目のポイントは80mの砂底。まずはビンビン玉60gをチョイス。
しばらく流したのですがバイト無し… 筋を変え再度流し直すとミヨシで釣っていた吉山さんにバイト!しかし乗るようなアタリではなくショートバイトに終わり残念(涙)その後、何度か同じようなバイトがあったみたいでしたがどれも釣果に繋がらず潮が止まりはじめたので海峡筋を攻めることに…
流し始めてすぐにトニーさんにヒット!
ロッドはバットから曲がり、かなり良いファイト! しばらくし上がってきたのは60オーバーの丸々太った真鯛!いゃ〜ほんと羨ましいです。
それから潮のタイミングを計り幾つかポイントを周りましたがどのポイントも結構バイトがある状況で全員が釣るまでそれほど時間はかかりませんでした。
そんな感じで船中、良い雰囲気で釣りをしていたとき、隣で釣っていたノブリンに、バイト!しかし直ぐに放されてしまいましたがそのまま巻き続け5、6mほど誘うと再びバイト!
今度はフックアップに成功しロッドが良い曲がりを見せたので私は自分のタックルをボトムから20mほど巻きとり船縁に立てかけノブリンのファイトにカメラを向けシャッターを切っていると「ボチャーン」とロッドが海の中へ…すかさず隣のハッシンが自分のタックルのラインをクルクルっと沈んで行こうとしている私のタックルに絡ませそのままリールを慎重に巻き取ってくれたですがハッシンのロッドティップから「トンッ」という感触と同時に重みが無くなりあえなく私のタックルは鳴門の海底へ…(号泣)
止めていたビンビン玉を何かが食ったかどうかは謎ですがしばらく放心状態で釣りをしてました。
しかしバイト取り損ねたり精神状態が悪いためお茶を飲みながら休憩し復活と共に立て続けに2匹釣り変なテンションのまま釣り続けました。
結果、なんとか5匹釣ることができ船中でも6人で18匹。終了までアタリもバラしも多くパタパタ釣れるといった感じで釣果は良かったのですが、いまいち的が…
例えば赤、オレンジ、白といろんなカラーやバイトしたレンジも幅広く、リーリングスピードもスローからファーストまでバイトがあり、いつものようにコレといったパターンが見えてこず、なかなか的を絞ることができませんでしたが、
唯一分かったのは今日は大きな鯛は時間帯に関係なく赤ネクタイに好反応ということぐらいでした。(鳴門ではよくある傾向です)
次は23日に同じく鳴門に行くので今日の流れのままならさらに良いパターンが見つかるよう今度は気合いを入れ直し頑張ってきます。
みなさんも置き竿にはくれぐれも注意してください!
08122101.jpg
08122102.jpg
08122103.jpg
08122104.jpg
08122105.jpg
08122106.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 夏の午後はからのんびり明石で鯛ラバ|明石鯛ラバレポート

  2. 大雨後のタイラバ

  3. 久しぶりの釣行

  4. 日本海ディープタイラバには夢がある

  5. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP