鯛ラバ専門情報サイト

長崎鯛カブラレポート

今年一番最初のレポートは、長崎県にお住まいの久間様からのレポートです。
松本様
あけましておめでとうございます。
3日に親父と初釣りに行ってきました。
例のごとく、親父は餌釣り、私は鯛ラバです。
朝7時から天草沖の水深45m前後を3時間ほど釣ったものの、手のひらサイズばかり5枚ずつとカサゴを各2〜3匹。
その後長崎県よりの水深60m前後のポイントを流したところ、45mから80mにいきなり落ち込むところで1kgちょっとの良型真鯛を1匹。
続いて1.5kgほどのアコウ(キジハタ)を同じところで釣り、潮止まり直前に2.5kgほどの真鯛を釣り上げました。
親父は下げ潮の行きだした時に1.8kgを1匹。今回も鯛ラバに軍配が上がりました。
続いて4日。
今日はやや風が強く、船を風上に立てるのに常にクラッチを入れなければならず、ひと苦労でした。
最初の1時間ほどで中鯛(600g〜800gほど)を2枚上げ、さあこれからというときにサバが釣れたのです。
締め鯖を食べたいと言い出した親父につられて仕掛けを手製のサバ用サビキ(市販の柔なものではなく丈夫な10本針仕様)に変えて、2時間ほどで2人でサバを150匹、アジを40匹の釣果。
その後、潮がいかなくなり鯛釣りに戻すものの、小鯛を数枚と低調だったため、昼過ぎには港に帰りました。(サバを知り合いに配らないといけなくて)
とりあえず、明日から始まる漁協のセリに出す魚だけは釣ったのでよしとしましょう。
さて5日。
今日も風が強くなり2時間しか釣ることができませんでしたが、大物を1匹上げました。
4.5kgほどかと思うのですが、5kgを超えているかもしれません。(一昨日の2.5kgくらいのを今朝、漁協に出して計ったら3.4kgありましたから・・・・)
いつも使用する電動リールが故障したため、急遽、息子に使わせている手動リールで釣ったのですが、3kgクラスに合わせていたドラグがどんどん出されて50mの水深のところでさらに20m引き出されました。
やはりフックは大きめのものがいいようです。私は針の直径12.4mmのがまかつ針を使っています。
こちらではこれから水温が下がって、深場に大物が溜まりだすので楽しみです。昨年も餌に食い気を見せない大物が続けて釣れましたので。
写真は親父が空気抜きをしているところを撮りました。(実は私、いつも手で押さえて息を抜くので、この道具を使ったことがないのです・・・・お恥ずかしながら)
今日はこの他に、私が300g〜400gクラスを2匹、餌釣りの親父が同型を2匹でした。
09010401.jpg
09010402.jpg
09010403.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 夏の午後はからのんびり明石で鯛ラバ|明石鯛ラバレポート

  2. 大雨後のタイラバ

  3. 久しぶりの釣行

  4. 日本海ディープタイラバには夢がある

  5. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP