鯛ラバ専門情報サイト

長崎鯛カブラレポート

年明けから連日鯛ラバを楽しまれている久間様より続報をいただきました。
昨日も朝から釣りに行ってきました。
朝7時に漁協に昨日の水揚げ分を出しにいったところ、あの鯛は5.1kgありました。
それから港を出て釣りを開始。
いつものように親父は餌釣り、私は鯛ラバです。
開始15分ほどで私に800g程度(40サイズ)が上がり、その後は2人とも手のひらよりやや大きいサイズを3枚ずつほど上げました。
すると、40cm近いサバが湧き出したため、一旦鯛釣りをやめてサバとアジをサビキで狙いました。
1時間ほどでサバの群れがいなくなったため、再び鯛ラバを用意。
ただし潮が緩くなったため、カサゴ(こちらでいうアラカブ)が釣れるように、鯛ラバのフックに小さめのエビをつけます。
こうしておくと、着底後しばらくは小鯛やカサゴが餌に集まり、餌がなくなった後は鯛ラバに中鯛・大鯛が反応するというわけです。
それから3時間ほどは、長潮の影響もあり小鯛・中鯛・カサゴがだらだらと釣れ続き、午後4時まで釣った釣果は、上鯛(1kg以上)2匹、中鯛(400g〜1kg)5匹、小鯛11匹、カサゴ14匹、サバ18匹、アジ15匹、なぜかカサゴと仲良く針にかかってきたベラ1匹といったところです。
もちろん、私一人でこれだけですのでまあ満足できる結果だと思います。(大型が釣れたら文句なしだったのですが・・・・)
ちなみに親父は中鯛を2匹、小鯛を5匹、カサゴ7匹とアジ・サバを20くらいずつと、釣果に至っては鯛ラバに今回も軍配が上がったようです。
09010701.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP