鯛ラバ専門情報サイト

オリジナルスカート&ネクタイの作り方

こんばんは、松本です。
「オリジナルスカートやネクタイの素材、作り方を教えてほしい」というお問い合わせいただきます。そんなご要望にお答えさせていただこうと、私が使用しているものや作成方法をご紹介します。ご参考にどうぞ。
<ラバースカート>
スカートの素材はシリコン製のものを使用します。釣具店のルアーコーナーにある「ラバージグ」や「スピナーベイト」のコーナーで置いていると思います。
さまざまな太さ、カラーがありますがいくつかご紹介します。
■「ガイア」のシリコンラバー
09022701.jpg
ウロコのような模様が入っており、ラメも入っているものがラインナップされています。
■「reins」のシリコンラバー
09022702.jpg
ウロコのような模様が入っており、ラメも入っているものがラインナップされています。
■「サワムラ」のシリコンラバー
09022703.jpg
ラメが入っているものがラインナップされています。
■「オフト」のシリコンラバー
09022704.jpg
ラメが入っているものがラインナップされています。
■「WINNERS」のシリコンラバー
09022705.jpg
ラメが入っているものがラインナップされています。
<ネクタイ>
素材はゴム製やシリコン製があります。ゴム製を使用している代表的な鯛ラバは「ビンビン玉」「アンサー」「炎月」「ソルティラバー」など。次にシリコン製を使用しているものは「HURA FLASH」などがあります。
ゴム製とシリコン製の違いは、「ゴム製は薄く噛み切られにくいが、使用した後に水分を除去せず放置しておくと溶けたようになったり、他のゴム製スカートと引っ付いてしまう」、「シリコン製はゴム製に比べて厚みがあり、噛み切られやすいが、使用した後に水分を除去せず放置しておいても溶けたり引っ付いたりしない」ことです。
ちなみにゴム製のスカートを使用する場合は、使用後に水分を拭き取り「ベビーパウダー」を振りかけることで溶けたり引っ付いたりすることが回避できます。
ゴム製のものでは各メーカーから「スペアネクタイ」というものが市販されており、そのまま使用することができます。
シリコン製のものも少数ですが、市販されているものがあります。
また「シリコンシート」も市販されているので、それをカットすることで自作できます。
■「カンジインターナショナル」シリコンシート
09022706.jpg
シリコンスカートおよびネクタイの自作の方法をご紹介します。
<シリコンスカート>
ある程度の本数に分け(私は12本を目安)、真ん中を糸で結びます。
09022707.jpg
次に、両端を揃えてカットします。
09022708.jpg
完成。
09022709.jpg
ちなみに上にあるのは「ビンビン玉」に標準で装着されているシリコンスカートです。カットする長さは、普段ご使用されている鯛ラバのスカートを参考にカットするとよいでしょう。
<ネクタイ>
オリジナルということで、シリコンシート(カンジインターナショナルのシリコンシート)を使った制作例をご紹介します。
開封すると中身はこんな感じです。
09022710.jpg
ネクタイの型紙とスティックのりを用意します。
09022711.jpg
自作した型紙です。
09022700.jpg
こちらの型紙ですが、以下よりダウンロードしていただけます。(PDF形式/サイズはカンジインターナショナルのシリコンシートにぴったりのサイズです)
タイプ1のダウンロード
タイプ2のダウンロード
赤丸の部分で結んでください。
型紙の裏面にスティックのりをまんべんなく塗り、シリコンシートを貼付けます。
09022712.jpg
そして定規を添えてカットします。
09022713.jpg
カットする際は、アートナイフ(写真はタミヤ製のデザインナイフ)を使用すると綺麗にカットできます。
09022714.jpg
カットしたものをそれぞれ赤丸の部分で結びます。
09022715.jpg
これで完成です。
のりが付着しているので、軽く水洗いして保管してください。
さて、それぞれをビンビン玉にセットしてみました。
イワシカラーです。
09022716.jpg
■シリコンスカート
ガイア:#21グリーンバイオレット
■ネクタイ
カンジインターナショナル:シラス

実釣レポートの最近記事

  1. [水中最速王VSライトタックル]ビンビン玉&エクストロでバショウカジキが!!

  2. 松山沖 第3回 タイラバ大会に参加してきました

  3. 初めて乗船する船に乗る日は、時間に余裕を持って出発しよう!

  4. 日本一の山を眺めながら日本一深い湾で釣りをする

  5. 【ジャッカル田中亜衣】激戦区&ハイプレ下で魅せるタイラバゲームin瀬戸内エリア

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP