鯛ラバ専門情報サイト

鳴門鯛カブラレポート

こんにちは、大塚です。
5月1日、今回は久しぶりの鳴門釣行です。
天気は曇っていますが波、風共に穏やかで絶好の釣り日和!しかし、最近の釣果はあまり良くなくシーズンイン一歩手前といった感じです。
朝6時に港を出船。本日一つ目のポイントは水深40mの砂底。まずはビンビン玉60gのオレンジネクタイからスタート。このポイントは最近あまり船が入ってないみたいで“真鯛が居れば!”的なポイントなのですが思いのほか潮の動きが悪く二流しするも残念ながらノーバイト・・・と言う事で仕切りなおしでポイント移動。
次に入ったポイントは水深70mの漁礁が点在するエリア。流し始めて間もなくボトムから2、3mで弱く「コツッ」と今日初の生命反応!残念ながらそれ以上強く誘発させる事は出来ませんでしたがあまりよくない状況を考えると少なくてもこのエリアの真鯛は反応しているのでこのポイントの潮が無くなるまでリーリングスピードやカラーなど細かくアジャストしながら粘る事にしました。
するとすぐに増田さんにヒット!「サイズは?」と聞くと「ん〜?」と納得のいかない表情でしたが少し嬉しそうにも見えました。そうこうしているうちに魚の姿が見え上がってきたのは30cmぐらいの真鯛。サイズはともあれ朝一番に釣れるのはいいものです! しばらく流していると今度は私にヒット!
ファイトの勢いはいいのですが逆にそれでフックアウトしそうなぐらいの軽い引き(笑)軽々と上がってきたのは25cmのチャリコ。ここから少しの間だが小ラッシュ突入!
次はミヨシで釣っていた恭やんがヒット!ロッドの曲がり具合から今度は良さげなサイズ!上品で小気味良いファイトを楽しみ上がってきたのは食べごろサイズの45cmの真鯛。私のチャリコの次だったのでいつもより大きく見えました(笑)
そんな魚を羨ましそうに見ていると今度は隣で釣っていたテッちゃんにヒット!楽しそうにファイトし上がったのは私と同じくチャリコ(ププッ)やはりこのサイズが大半のようだ(涙)
これからすぐに潮速が弱まりバイトもパッタリ無くなりポイント移動。
次に入ったポイントは水深60mの背の高い漁礁のあるエリア。 
この頃から潮がますます澄み出したのでビンビン玉60gゴールドネクタイにチェンジ。しばらくし船が漁礁の脇を通過した時、恭やんがまたまたヒット!今度も良い感じにロッドが曲がり楽しそう!「どう?」と聞くと「結構良い引きするけど・・・」と何かおかしい感じ。しばらくし上から覗き込んでいると「ん?色が違うなぁ」その数秒後、黒い魚体がハッキリ見え「ソイじゃ!」と船長。
40cm強と最近にしては珍しいサイズ。本人は少し困った表情(笑) しばらくし、艫で釣っていたナリさんのロッドが「グーン」と曲がった!結構な引きに本人も楽しそう。しばらくファイトした後、上がってきたのは55cmのグッドサイズ!ここからしばらく本日2度目の小ラッシュ!私も波に乗り2匹追加!パラパラだが結構良いペースで釣れ最後は義兄さんがチャリコを釣ってゲームセット!本日の修行も14匹と無事終わりました!
鳴門はこれからが本番!日に日に良い状況になると思いますのでお近くの方はそろそろ出掛けてみては・・・
09051001.jpg
09051002.jpg
09051003.jpg
09051004.jpg
09051005.jpg
09051006.jpg
09051007.jpg
09051008.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 夏の午後はからのんびり明石で鯛ラバ|明石鯛ラバレポート

  2. 大雨後のタイラバ

  3. 久しぶりの釣行

  4. 日本海ディープタイラバには夢がある

  5. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP