鯛ラバ専門情報サイト

明石鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
6月14日、今週は明石海峡に行ってきました。
今回は友人の印南さんのボートでの釣行で、いつも遊漁船で釣りをしている私にとってはポイント選びや、操縦しながらの釣りが出来、普段と違った楽しみ方が出来るとあって前々から楽しみにしていました。
当日の朝6時30分に淀川河口にあるマリーナを出航。船は一路明石海峡へ。途中、神戸の街並みを横目に見ながら一時間弱でポイント到着。いつもお世話になっている利弥丸の大窪船長に電話をして状況を教えてもらうと「もう二匹釣れたで〜!」と状況は良いようだ。
まずは下り潮がまだ残っていたので水深20mの岩礁帯を流すことに。少し西風に押されるので船尾を風上に向けながら時々クラッチを繋ぎ船を立てながら釣りをしていると「コンッ」と小さなバイト!全く針掛かりしそうにないバイトだったがスタートとしては悪くない。 三回程コースを変えながしたのですがその後バイトが無いためさらにシャローエリアに移動。水深15mの岩礁帯をキャスティングで攻めるのだがバイト無し。よく見るとこの前までいたイワシの群は全く見当たらない(涙)
そうこうしているうちに潮も緩くなってきたので次は水深60mラインを流すことに…ビンビン玉60gのオレンジネクタイにチェンジ。するとすぐに「カッカッカッ!」とバイト!気が入ってなかったのかタイミングがズレてフッキングミス(涙)操縦しながらの釣りに翻弄されてます(笑)
その後一流しに一回バイトはあるもののサイズが小さそうでなかなかフッキングに至らない。そこでロッドを今秋発売予定の3本のジャッカルポイズンオーシャンの中で一番ライトアクションのプロトタイプにチェンジ。このロッドはカーボン製で曲げていくと初期段階ではティップが素直で柔らかく、さらに曲げていくと強いバットが印象的で不意の大物にも対応できる一本です。早速「カッカッカッ!」とバイト! ティップがキレイに入り込んだところでフッキング!「グーン」と重みが乗り心地よい引きが伝わる(笑)難なく上がってきたのは35cmの可愛い真鯛。
するとすぐに印南さんにヒット!結構イイ引きをして、かなり楽しそう。しばらくし上がってきたのは45cmの良いサイズでした。釣ったのは私と同じビンビン玉60gのオレンジネク
タイ。レッドからオレンジにチェンジしたらすぐに食ってきたみたいです。この魚で波に乗った印南さん、すぐに二匹目をヒット!今度も先ほどと同じサイズ。この時、潮速は1.8ノット。釣れ始めたのが2ノットぐらいだったので潮が緩むに連れて陸の方へ流すルートをずらして潮速をキープする事に。しかし思いのほか潮が緩むスピードが早くアタリも無くなってストップフィッシング。
今回、いつも釣っている明石海峡で自分で操船して釣りをしたのですがいつもと違って奥の深い釣りが出来ました! あ〜いつかは持ってみたいなぁ〜マイボート(笑)
09061701.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 夏の午後はからのんびり明石で鯛ラバ|明石鯛ラバレポート

  2. 大雨後のタイラバ

  3. 久しぶりの釣行

  4. 日本海ディープタイラバには夢がある

  5. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP