鯛ラバ専門情報サイト

明石鯛カブラレポート

こんにちは、大塚です。
9月6日、今週は利哉丸さんにお世話になり午後便で明石海峡に行ってきました。
まずは水深20mのポイントへ。
開始早々、「カツッ」とバイト! ん〜全くノリそうにないアタリ。活性は悪そー。
たぶん、この前来たときみたいにイワシの群がいないのとサバなどがいなくなっているのが原因の様な・・・
満ち潮の変わり初めに実績のあるポイントに入るといきなり「カッカッカッ」と勢いの良いバイト!フッキングをすると勢いよくラインを出す!「キタよ〜♪」と言った瞬間、ポロッ(涙) なんで〜!って感じでフックアウト(ハァ〜)
バラしたのでフックを交換して再び釣り開始。するとミヨシで釣っていた平野さんにヒット!楽しそうにファイトし上がってきたのは30cm強の真鯛。この状況で釣るとはさすが常連さんです!
その後しばらくの間、皆さん真鯛を掛けるもバラシばかりで活性の低さが分かるほどでした。
最後のポイントに入ってしばらくすると再び「カッカッカッ」とバイト!タイミングを測りフッキングにも成功!かなり竿先を叩き良いファイト!「ヒヒヒ、今度こそは!」と思った瞬間、ポロッ(ガーン)またもやバラしてしまった(涙)
フッキングしてから20秒ほど経っていてこのタイミングでバラすかぁ?と言う感じ・・・
結局、日も暮れ終了。半年ぶのボウズになってしまいました。
たまにはこんなんも良いかな(笑)
09091301.jpg
09091302.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP