鯛ラバ専門情報サイト

鯛カブラQ&A

S様よりご質問いただきました。
<質問内容>
鯛ラバを楽しく拝見させていただいています。
色々参考にさせていただいていますが鯛ラバについて質問があります。タングステンも沢山出ているのですが、いつもどれを買おうかと悩みます。
現在玄界灘で主にビンビン玉の80、100gを使用していますが、違うアクションをする製品を購入したいと思い確認させていただきましたが良くわかりません。
アクション別に特徴を再度教えて頂けないでしょうか。
お手数をおかけしますが宜しくお願いします。
<回答>
鯛ラバの水中アクションは大きく分けて「ヘッドを振るもの」「ヘッドを振らないもの」の2種類に分かれます。
「ヘッドを振るもの」は左右に大きく振るもの、上下左右に動くものがあります。
これは水の抵抗をヘッドがよく受ける形状をしており、巻き抵抗も大きくなります。
次に「ヘッドを振らないもの」は、わずかに動くものもありますがヘッドが水流をうまく逃がしているため、引き抵抗も軽くなります。
代表的な鯛ラバのアクションは、鯛ラバ水中映像で公開していますのでそちらをご覧ください。
鯛ラバ別のアクションコメントも記載しています。
動画はこちら
現在、ビンビン玉の80/100gを使われているとのことですが、ビンビン玉は「ヘッドを振る」部類に入ります。
ですから「ヘッドを振らないもの」を購入してみてはいかがでしょうか?
振らないもので80/100gのものがラインナップされており、かつタングステン素材であればシマノの炎月タングステンがおすすめです。

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP