鯛ラバ専門情報サイト

九州鯛カブラレポート

昨日、今日と九州へ行ってきました。
金曜日に大阪を出発し、向かったのは佐賀。
狙いはマグロ。
あちこちでマグロがボイルするも、単発で短時間。
一瞬で、どのタイミングでどこにルアーを落とすのかを見極め、正確にキャストすることはマグロのボイルをいざ目の前にすると平常心ではなかなかできない。
1日、1度しか来ないチャンスでそれを物にできるか、できないか。
この日はチャンスを物に出来ず、ゲームセット。
船中、マグロ「0」。
リスキーな戦いに一日お付き合いいただいた大充丸さんに感謝。
またリベンジに来ます!
夜はイカを食す。
2011022001.jpg
うまい。
2011022002.jpg
ウニ丼サイコーーーー。
2011022003.jpg
そして、今日。
2011022004.jpg
九州の鯛ラバと言えば飛燕さくら丸さん。
天候が悪く、当初予定していた七里が曽根を諦め向かったのは、とあるシャローエリア。
水深は30メートルから15メートルのエリア。
そこに鯛は・・・
2011022005.jpg
いました。
ファーストヒットはシマノの北島さん。
そして同船者にも。
2011022006.jpg
さらに北島さんにバットが入る大物が!
2011022007.jpg
この春発売予定の新作「カルカッタコンクエスト50DC」のドラグが最高のサウンドを奏でる!!
そうなんです、50DCはドラグが出ると「チリチリ」と音が出るんです。
シャローエリアにはもってこいの大きさですね。
2011022008.jpg
シャローエリアの鯛はよく走る。
デカイ!
2011022009.jpg
見事!ナナマルゲット!!
2011022010.jpg
そしてさらに同船者にも。
「タイラバサイコー」と上がってきたのはロクマル。
2011022011.jpg
オリジナル幅広ネクタイ、効果ありですね。
2011022012.jpg
結果的にこの朝の3流しがハニータイム。
これを逃した者には、辛い結果が。
そう。。。
ノックアウト!
九州と言えど、そんなに甘くありません。
間違いなく釣れるという思いは正直ありました。
そこに油断と甘さがありました。
そして、自分の経験に溺れました。
冬=スローリトリーブという概念が崩れた瞬間でもありました。
マグロで何を学んだのか?
一瞬で数年の経験が吹っ飛び、ひっくり返された1日でした。
真鯛を手にしたみなさん。
お見事!素晴らしいです!!

実釣レポートの最近記事

  1. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ

  2. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

  3. 鯛ラバカップ in 瀬戸内・第4回淡路島大会に参加しました

  4. [家族で楽しめる船釣り!]手軽で快適な淡路島観光ホテルのチャーターボート

  5. やっぱスルメデスの釣りはおもしろい!

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP