鯛ラバ専門情報サイト

島根鯛ラバレポート

かつてない10連休となった2019年のゴールデンウィーク。どこもかしこも宿は満室。多くの方々がどこかに出かけていたということでしょう。

連休中、車での移動は夜が一番。それも深夜帯がベスト。少し早いくらいの早朝では渋滞に巻き込まれる可能性大です。

島根への移動は26日の金曜日の夜にしました。もちろん渋滞などなく快適。ナビが示した時間通りに到着しました。

いつものお宿でいつもの温泉。

翌日は時化のため出船中止。これはこれでゆっくりできて違う楽しみができます。朝ゆっくり起きてまた温泉。釣りはもちろんですが自然もよいところ。海岸線はよく通るので山手を散策。風が強い1日でしたが天気がよかったので、散策日和になりました。

さて、釣りの方ですが、誠涼丸で出船しました。沖に出れたのは28日から3日間。1日に帰る予定をしていたので、ほぼMAXの予定で釣りができました。

3日間、同じプランで朝一はヒラマサキャスティング。そこから鯛ラバやジギングというメニュー。

レポートは3日間まとめてとなります。

キャスティングタイムは時間にして2時間くらいでしょうか。ジグで釣るよりトップウォーターで釣る方がエキサイティングで楽しいですね。よいヒラマサを2本掛けましたがやられました(笑)

よいブリが釣れました。

ベイトはカタクチイワシでした。

数少ないチャンスでしたが、いつ飛び出してくるか分からないので、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

鯛ラバ&ジギングは最初の2日間はすこーし難しかったです。波風で行きたいポイントにも入れず、潮と風が逆でやり難い。3日目は波風が落ち着き、入りたい場所に入れたのでよい釣果となりました。

新発売の匂いと味つき鯛ラバネクタイ「Tプラスラバー」を使ってきましたよ。

厳しい日もあったとは言え、ハイクオリティな魚がどかーんと出るのでやっぱり秘境はたまりません。

久しぶりに同船したショアアングラーさん。向かい風でぶっ飛び、横風でも操作性がよくアクションしてくれるライザーベイトがお気に入りとのことです(笑)

ジャッカル・ライザーベイト

実釣レポートの最近記事

  1. 【ジャッカル田中亜衣】激戦区&ハイプレ下で魅せるタイラバゲームin瀬戸内エリア

  2. 島根鯛ラバレポート

  3. 島根鯛ラバレポート

  4. 島根鯛ラバレポート

  5. 島根鯛ラバレポート〜二日目

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP