鯛ラバ専門情報サイト

ラインブレイクの原因

先週の明石でラインブレイクが多発した原因・・・
それはトップガイドの傷でした。
新品のラインに巻き変えて九州で一度使用。
魚は掛けたけど、オマツリもなかったし船底に擦ってもいない。
ならばと、ロッドを点検するとトップガイドに傷が入っているではないか!
ちなみにガイドの傷はカッターナイフの刃をガイドに滑らせると分かります。
2011110601.jpg
するっと違和感なく一周すれば問題なし。
傷があれば違和感があります。
もちろん刃は新品のものを使用して、あくまでもやんわりと滑らす感じでチェックを。
刃こぼれした刃を押し付けると傷の原因になりますから。
トップガイドに傷があったのはVCM-67MとTKC-67Mの2本。
原因は、九州で釣りを終えた後に鯛ラバを外しスナップをつけたままにして帰港したこと。
スナップがトップガイドにあたり、それで傷がついたのだと思います。
その他にも・・・
2011110602.jpg
これはクラゲ。
こういうものもラインを傷つける原因になりますね。
ぬるま湯をかけて歯ブラシで擦ってクリーニングしましょう。
その他、リールのラインローラーなどもチェック。
普段忙しくてタックルメンテを手抜きしていたのが致命傷になりますし、高価なラインも一撃で傷みます。
トップガイドの交換はマタギさんへ。
同じスレッドで違和感なく完璧な状態で修理完了。
これにてラインブレイクの件は一件落着。
みなさんもよーくチェックしてみてくださいね。

実釣レポートの最近記事

  1. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ(南蛮漬け)

  2. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

  3. 鯛ラバカップ in 瀬戸内・第4回淡路島大会に参加しました

  4. [家族で楽しめる船釣り!]手軽で快適な淡路島観光ホテルのチャーターボート

  5. やっぱスルメデスの釣りはおもしろい!

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP