鯛ラバ専門情報サイト

ビンビン玉45gを使う利点

今回の岡山県下津井では昨年同様、このシーズンのはシルエットが小さい鯛ラバへの反応が良い結果が出ました。
昨年、閃いたステルス(スカートをなくし、ショートネクタイを使用したもの)は、まさしくシルエットが小さいものに反応する真鯛を攻略するためのものです。
ここで、大切なことはヘッド。
せっかくネクタイをショートにしてシルエットを小さくしてもヘッドが大きければ意味がありません。
そこで活躍するのが、ビンビン玉45g。
シリーズ最軽量の45gはタングステンということもあり非常にコンパクト。
現在、市場に出ているものと比べてもコンパクトさは他にありません。
また、水流をうまく逃がす形状なので、ヘッドが水押しせず魚に必要以上のプレッシャーを与えません。
さらにライトウエイトなカブラは引き抵抗も最小限に抑えられるので、前アタリなど手元に伝わる情報の精度が上がる、フォールスピードがヘビーウエイトよりも遅くなるので、フォールで鯛ラバを見せて追わせることができるといった利点もあります。
45gで狙う水深も瀬戸内ならシャローから60mまで(もちろん状況にもよりますが)対応できます。
これから水温が低下するので魚は徐々にディープへ移動=ヘビーウエイトと考えがちですが、低活性だからこそ、ライトウエイトなカブラを使用する方が釣果が上がることが多いですよ。

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP