鯛ラバ専門情報サイト

兵庫県明石鯛カブラレポート

ビンビンソルトのロケから一ヶ月。
番組でも説明したようにシャローのキャスティングが熱くなるシーズンがやってきました。
潮時表を見ながら夕まずめに良い潮になる日をセレクトし、午後からゆっくりと出船。
2013071701.jpg
それでも、今日はなかなか潮が動かず最初の1時間はあちこち移動。
探せど探せど魚探の反応がないまま。
ようやく見つけた水深15mのベイトの脇にいる鯛らしき反応でキャスティング開始。
まだ日が高くて晴天、潮が澄んでいたのでビンビン玉30gオレンジゴールドフレークと松本レッドで交互に探るとフォールでバイト。
2013071702.jpg
同じような反応を探し、再びキャストすると2枚目。
2013071703.jpg
サコド(平磯から淡路島へ動く潮)が動き出したタイミングで、水深10mのシャローへ入り水深20m付近までを探る。
このタイミングで北風が吹き出し、潮の流れと船が風で押される方向が同じになって30gでは底取りが悪くなったので、フラッシュオレンジ-8SSの45gにチェンジ。
2013071704.jpg
狙い通り!
北風が収まり再び30gに戻してかわいいサイズ。
2013071705.jpg
さらに30gで1枚追加。
2013071706.jpg
複雑な潮と厄介な風を読み切り、的確なウエイト調整と的確なキャスト方向で狙った結果、短時間で5枚をキャッチ。
まだまだ時合いだったのですが、用事があったので早上がり。
続けていればもう少し追加できたように思います。
さて、現在の明石の状況です。
昨年なら今頃はイワシに付き大型の顔が見られたのですが、今年はまだイワシに付いていない感じです。
イワシの群れは結構入っており、潮止まりでは青物がイワシを追っているのですが・・・
真鯛の糞は黒っぽく、まだ甲殻類をメインにしている感じです。
ただ、とても太っており食い気は十分。
この状況だとそろそろシャローに大型が差してくるでしょう。
当分は雨が降っても夕立くらいでしょうから潮も澄んでいますし、オレンジゴールドフレークをメインにイワシの反応があれば松本レッドを打ってみるというカラーチョイスで良いと思います。
ぜひ20gや30gといったライトウエイトの鯛ラバを使ったシャローのキャスティングをやってみてください。
おもしろいですよ!!!

実釣レポートの最近記事

  1. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  2. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

  3. [ディープ鯛ラバを体験してもらいました]ディープ鯛ラバ初挑戦で記録更新続出!

  4. [また出たハチマル]島根県温泉津鯛ラバレポート2日目

  5. [初釣りでハチマル]島根県温泉津鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP