鯛ラバ専門情報サイト

スピニングタックルのライントラブルやベイトリールのバックラッシュについて

スピニングタックルを使ったキャスティングタイラバで、よく見かけるのがライントラブル。
ガイドにラインが絡まってロックし、ラインブレイクしてタイラバだけが飛んでいったり、魚を掛けた時にノット付近のPEラインが切れてしまった・・・
ベイトタックルでは、経験が浅い方に多いのがスプールの中でラインが絡まるバックラッシュ。
このような経験をされたことや、現在もなおこのような症状に時折悩まれている方はいらっしゃいませんか?
今回は、このようなトラブルを低減させる方法の一部をアドバイスしたいと思います。
まずはスピニングタックルの場合。
2016072801.jpg
ラインを少し太くする
ベイトタックルと同じ号数を巻かれている方をよく見かけますが、個人的には1号が良いように思います。単純なことですが、ラインが細いと切れやすいです。
ノットを必要以上に長くしない
私はPRノットでリーダーとPEを結束しています。完成したノットの長さは5mmを少し切るくらいの長さです。これで十分強度は出ているかと思います。ノットが長いと、ガイドに干渉しやすくなりトラブルの原因となりやすいです。
フルキャストしない
キャスト時のテイクバックやロッドを振り抜くスペースに制限がある釣り座、周囲のお客様との距離が近い乗り合い船・・・という制限に不意の波による揺れなどがある状況でフルキャストすると、よほど慣れていない限りトラブルの元になりやすいです。
それよりも、おおよそですがフルキャストの半分くらいの力で「ふわり」とキャストする方がトラブルは減るかと思います。
確かにロングキャストは有利ですが、同船者に怪我でもさせたら大変ですし、ラインブレイクするとルアーをロストしたりノットを結び替える手間が増えます。「ふわり」とキャストして、キャスト回数を増やすことで良いと思います。
キャストのコツ
・キャスト時にタイラバで水面を叩かない(触れさせない)ようにする。
・アンダーハンドでキャストする。
・ロッドにタイラバの重みをのせて送り出すような感覚でキャストする
その他1
ノット付近のPEラインに結びコブができていないか時折チェックしましょう。もし結びコブができていたなら、軽く引っ張って「スルリ」と解けるようであれば、一応大丈夫かと思います。(可能であればその部分をカットしてノットを組み直すことを推奨します。)この場合、ラインコーティング剤を予めラインに吹きかけておくと解けやすいです。
結びコブが解けない、強く引っ張って解けたという場合は躊躇せずノットを組み直しましょう。かなりの確率でそこからラインブレイクします。傷んだラインは驚くほどあっさりブレイクします。
その他2
根掛かり、掛けた魚のファイト後はラインが下のラインに食い込んでいる可能性があります。ここでロックしてタイラバが自分の方に返ってきたりして危ないので、根掛かりや魚のファイト後は軽くキャストして食い込んだラインを解くようにしてください。
次にベイトタックルの場合。
2016072802.jpg
ここでは、ベイトリールを「バーチカルに使う」という前提でお話します。
フォール時は必ずサミングする
サミング、いわゆるスプールに軽く親指をあててブレーキをかけます。余計なラインを出さない、着底が分かりやすくなる、着底時のバックラッシュが低減されるといったメリットがあります。
ウエイトが重いタイラバを使う場合はロッドとラインの角度をできるだけなくす
ウエイトが重いタイラバを使う場合、どうしてもロッドティップが暴れやすくなります。ウエイトが重い=ティップに負荷がかかるので、例えばサミングが慣れていない人や、スプールからラインが出て行く角度によってライン放出時の抵抗が生まれてロッドティップが「おじぎ」し、ライン放出の抵抗が減った時にロッドの反発力で、ティップが持ち上がります。これがバックラッシュになる原因となります。
ロッドとラインの角度を少なくすることで、ロッドの反発力が少なくなりライントラブルが軽減されます。
ウエイトが重いタイラバを使う場合、リールのクラッチを切る時に注意する
重いタイラバ=負荷がかかった状態でベイトリールのクラッチを切ると、負荷がかかっていない状態よりもクラッチが重く切りにくい状態になっています。この時、力を入れてクラッチを切ると勢いよくスプールが回転し始め、このタイミングでバックラッシュしやすくなります。頭の片隅にでも入れておくことで、ライントラブルを軽減できますので、覚えておいてください。
その他
根掛かり、掛けた魚のファイト後はラインが下のラインに食い込んでいる可能性があります。こういった後の1度目のフォール時は注意しながらラインを放出してください。食い込んだところでラインがロックして、ライントラブルになる可能性があります。
と、こんな感じで「少し気をつけるだけ」「知識を頭に入れておくだけ」でライントラブルは軽減できるかと思います。

製品紹介の最近記事

  1. 釣りでおすすめのライフジャケット

  2. 2019年度版【鯛ラバ初心者必見!】鯛ラバタックルセレクト(ロッド・リール・ライン・鯛ラバ…

  3. 2019年度版【鯛ラバ初心者必見!】鯛ラバのリールはどれがおすすめ?

  4. ブルブルどっかーん!ビンビンインチクでエキサイティングな釣りを

  5. [おすすめ]海水でも錆びにくいフィッシングナイフ(釣り用ナイフ)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP