鯛ラバ専門情報サイト

広島鯛カブラレポート

広島県の愛裕南丸(あゆみまる)に行ってきました。
2014071001.jpg
広島に訪れるのは約1年ぶり。
2014071002.jpg
テンヤをする方、鯛ラバをする方、両方をされる方と楽しみ方は十人十色。
2014071003.jpg
この日はどちらかというとテンヤ有利。
真鯛があまりやる気がなく下を向いているような状態。
その中でも船上サラリーマンは鯛ラバで4枚と健闘。
パターンを聞いてみると、
・様々な巻き速度を組み合わせ、巻き上げる水深もボトムノックをしたりして不規則にしてみた
・ネクタイのカラーは濃いめ(コーラオレンジフレーク等
・アタリがあると竿を送り込んで食い込ませた
と言っていました。
まとめると、
「カラーはシルエットがはっきりするもので巻き速度やリフト&フォールでやる気の無い真鯛のスイッチを入れて食わせる」
という釣法です。
2014071004.jpg
結果的に63㎝までが23枚。
私は・・・
恥ずかしながらサメとガシラのみ。。。
見事にホゲました。
この日の状況はルアーマガジンソルトで掲載されるそうです。

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP