鯛ラバ専門情報サイト

船上サラリーマンの実釣経験話

ジャッカル社員として日々積極的にフィールドに足を運び、私達フィールドスタッフとともに製品開発に取り組んでいる船上サラリーマン。
彼に初めて鯛ラバを教えたのは玄界灘。
10040607.jpg
そこからめきめきと腕を上げていき・・・
2014080201.jpg
最近実釣研修など初心者に実践させる機会が多いのですが、確実に成果が得られ確信を持てているとのこと。
これまでの実釣経験をまとめてくれましたので、ぜひお読みください。
なかなか的を得ていますよ!
<リトリーブ>
巻きスピード、巻きレンジ、色の組み合わせでバイトを探します。
海釣りは型にハメやすい釣りですが、ワンパターンにならない誘いをする事で安定釣果を絞り出します。
まず巻きスピードとレンジの探り方。
これは魚探の反応を見て探ります。船長の魚探が見える釣り座が良いです。
反応があるのにバイトが無いといった時こそがチャンスで、何かが間違っている警告です。
・巻きスピードを速くする。
・巻きスピードに緩やかな変化をつける。
・巻くレンジを長くする。
等を試します。
ボリュームや色はその後に考える事にしています。
最もアタリの多いレンジ・スピードを探しながら・・・ではありますが、巻き上げる高さやスピードは積極的に変えます。
魚探の反応よりも高く巻きます。
そして速い巻きほど距離を長くします。
ただし、 高く→低く→低く/速く→速く→遅くと言ったように複数回の動作をワンセットに考えます。
経験上、狙いのタイミングでバイトは出せる傾向にあると言えます。
巻き上げ時には、PEラインのマーキングを見てテンポのコントロールと何メートルの巻き上げかをカウントします。
これは必ず実践するべきです。
※ワンポイント
その瞬間に一匹にでも鯛に口を使わせれば良いので、早い/遅い/高い/低い。常にあらゆる可能性を否定しない事が大切です。
例外ももちろんあり。
濁り、ボトムの反応等が著しい場合はパターンも偏り難しいです。
フォールでスイッチを入れる意識をします。
着底後の一瞬の巻き上げに変化をつけバイトを誘います。放置もあり。
偏った攻略パターンは他にもあるでしょう。
なお、底潮の濁りは上潮では判断できないので注意です。
<色とボリュームについて>
基本的には“適度に”アピールをする事を意識します。
鯛が嫌がらない組み合わせを考えます。
嫌がらない色で良いので、いろいろなカラーでヒットしてもその理由があっていればそれで良いのです。○○パターンは○○カラーで釣れる。と言った偏った考えは排除します。
※基本の組み合わせ
まずはオレンジベース。オレンジゴールドフレーク:先発色。
蛍光オレンジ:日が上がった時に使う。暗い時は効果薄い。
艶色オレンジ:蛍光オレンジと併用。中間
エビオレンジ:地味色
のローテーション。
シマシマオレンジがコントラストもあり、ベースのスカートに使う事が多いです。
これに他の色をあしらいで足します。本数は減らして、全部で5~6本が基本。
※各色の役割 
赤・黒系:シルエットを際立たせてアピールします。
グロー:水深の深い所で使います。
チャート系:アピールを強くするとき、深場、黒濁りで使います。
ラメ系:ローライトで頼りになります。
特に金メッキや金ラメは濁り、ローライトに効果あります。
ネクタイは、速く引く場合はストレート、遅く引く場合、潮の緩い時はカーリーと考えますが、
これだけにとらわれると失敗します。実際、早巻きのカーリーは効きます。
※ネクタイの裏ワザ
ストレートのダブルネクタイは激しい明滅をもたらすので効果が高いです。
シークレット技と言えるほどの力を持っています。
黒い系と明るい色の組み合わせや、ラメ系との組み合わせが特に強いです。
<ヘッドの色>
蛍光色なのか、金が入っているのか、地味な色なのか。大きく影響しますので、オレンジゴールド/レッドゴールド/オレンジオレンジ/レッドレッドは外せません。
<フックについて>
スタイルに応じて千差万別です。
ただし、基本的にはなるべく短い(ヘッドに近い)針の長さ。
平行セッティングを好んでいます。圧倒的に口掛かりが多くなります。
個人的には小針が今のところ実績高いです。
ロングフックを使う場合はテールバイトに集中する時です。
ただし、スローの時は食い込みを待てば前の針にかかる事が多いので
超高速巻きのパターンによく使います。
やや早い程度であれば、前のフックにかかる事が多いと思います。
その場合は通常の平行針を使う方が良いです。
<リールについて>
リールは必ずハイギアとローギアを持ち込むようにしています。
ハイギアで潮の感触を確かめたいからです。
リールが変わっても同じ誘いができるのが前述のPEラインを見て巻く術の良い点です。
潮が速いと重く、緩いと軽い。
単純にそれだけと思いがちですが、
船が動いているので一概にそうは言えません。
船の船速と方向。底潮の方向により 潮が速いのに抵抗感が少ない時や潮が緩いのに巻きが重い。と言ったことも多々ありますので、間違えないように。
また、潮の向き・速さは水深によってバラバラである事は頭に入れておくべきです。

<ノリの悪いバイトについて>

ノリが悪く苦労する事は誰しもあると思いますが、多くの場合、魚の活性では無く、釣り人の食わせ方が悪いと思った方が良い様です。
送り込み方次第で何ら違和感なく乗せられる状況は多々あります。
これは経験が必要ですので、上達を左右するポイントでもあると思っています。

実釣レポートの最近記事

  1. 噂の秘境に来てもらいました

  2. [竹野でタイラバ記録的釣果!!]ハチマル5枚にナナマル40枚!怒涛の大鯛ラッシュを味わって…

  3. 島根タイラバレポート

  4. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ(南蛮漬け)

  5. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP