鯛ラバ専門情報サイト

明石海峡タイラバ(鯛カブラ)レポート

先週も明石海峡に行ってきました。
狙いはシャロー。
ビンビンインチクが発売されたので、早速シャローのキャスティングで試してみました。
2015080401.jpg
お昼過ぎに出船。
開始早々に同船者に良型がヒット。
引き潮が緩むタイミングで釣れました。
潮が止まり、反応がない時間が過ぎていきます。
まぁまぁ、これも読み通り。
16時30分頃に転流するのでそこからが勝負。
潮が入れ替わり、沖へ払い出す潮の流れが出たところでビンビンインチクにヒット。
2015080402.jpg
ビンビンインチクをキャストしていて感じたのですが、タコベイトのパーツが針の暴れをおさえるため、キャスト時のトラブルがありませんでした。
フォール時も皆無。
このパーツをビンビン玉に使えばおもしろそうだと感じました。
斜め引きをするとヘッドがウォブリングするアクションはおもしろいですね。
ドテラ、キャスティングで使えそうです。
引き続きキャスティングで狙います。
しかしアタリがなく、同船者にはアタリがある。
違いはキャスト(斜め引き)かバーチカル。
二枚潮はそれほどなく、あえて言うなら風と潮が逆なので、キャストすると若干釣りにくい状況なのですが、差し支えはない程度。
明らかに斜め引きではなく、上下の動きに反応していると判断し、ビンビン玉へチェンジしてチョイ投げで誘う。
フォールで50アップ。
2015080403.jpg
続いて中層でロクマル。
2015080404.jpg
パターンがハマったようで十分釣れたので早めに沖上がり。
リリース含め2名で12枚でした。
2015080405.jpg
釣った真鯛からは黄色の糞。
イワシを捕食しているようで、ヘッドに噛み付くバイトが多いわけです。
いよいよ明石のシャローが一年で一番良いシーズンになりました。
シャローを狙うのなら個人的には午後がおすすめです。

実釣レポートの最近記事

  1. 噂の秘境に来てもらいました

  2. [竹野でタイラバ記録的釣果!!]ハチマル5枚にナナマル40枚!怒涛の大鯛ラッシュを味わって…

  3. 島根タイラバレポート

  4. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ(南蛮漬け)

  5. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP