鯛ラバ専門情報サイト

明石鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
 
6月21日利弥丸さんの午後便で行ってきました。
本格的な梅雨入りでここ最近雨続きで天気も心配だったのですが何とか日没まで雨も降らず良かったです。
 
午後14時港を出船し、まずは港を出てすぐのシャローフラットへ。
本日は下り潮からのスタート。今年に入り何度か明石海峡で釣りをしてますが断然上り潮に分があり転流の予想時刻は明石大橋の下で18時過ぎ、日没寸前の良い時間とも重なるので期待大!それまでの時間はウォーミングアップ的に流し夕マズメの短期間に懸ける作戦で挑みました。
予想通り、17時頃まで「コッ」というショートバイトが2回と苦戦しましたがここからが勝負なんで気合を入れ直しポイント移動。
大橋の東側の沈船ポイントに入ると若干下り潮が残っていたが潮境は船から見えるところまで来ていた。
すると、胴で釣っていた親子で着ていたお父さんにヒット!潮変わり寸前の良いタイミングだった。45cmぐらいの今の明石では良型だ。
このお父さんが釣る寸前に私にもフックアップできそうなバイトがあったのですが寸前のところで放されてしまいガックリ(涙)
次のバイトに備えドラグをゆるめに設定しバイト時に鯛に違和感を与えないようにするとすぐにバイト!今度はフックアップも成功!すぐさまドラグを元の強さまで戻すのだがこれがなかなか難しい。
具体的には、右手の人差し指と親指でリールのハンドルを巻きながら左手の親指でスプールをサミングし、さらに右手の中指でドラグを回していくのだ。
この前行った壱岐での釣行時にかなり練習したので完璧だと思っていたのですが、一匹の重みのある明石では焦りと緊張で少し指が縺れたが、何とか魚は外れずにいてくれて引きも良い!ここまで来たらこっちの物と船長にタモをお願いし姿が見え出した・・・ガーン!
 
 
「カンダイやぁ〜」と半笑いの船長に隣で釣っていたハッシンも爆笑!
おまけにリリースするときに近くの遊漁船のお客さんにも見られこっちを見て笑っていたような・・・
 
再び場所移動し水深20m前後のフラットへ。19時のストップフィッシングまでをこのエリアに懸けることに。
着いてすぐにバイト!フックアップにまでは至らなかったが夕マズメで活性が上がったのか先ほどよりバイトが大きくなっている。
18時30分過ぎた頃「カッカッカッ・・・」と理想的なバイト!
フックアップも完璧!先ほどと同じようにドラグを元の位置に戻す!
 
がっ!
 
中指が上手く動かずドラグが思うように回せない!と同時にロッドから生命感が・・・・・なくなりました(涙)
本日二度目の「ガーン」 ショックです。
 
すると隣でハッシンが「イエィー!」とロッドを曲げていた!まさに天国と地獄!ニコニコしながらファイトを楽しんでいる。かなり羨ましいです!
上がって来たのは綺麗な食べごろサイズの真鯛でした。これに調子付いたハッシン、さらにチャリコを一匹追加し終了となった。
 
本日は久々にボウズでしたが帰りにハッシンに食べごろ真鯛を貰い凹んだ気持も凸になりました。
 
イワシが周ってくるまでの間、本日のようなバイトが多いと思います。私からのアドバイスはなるべくティップの柔らかいロッドでの釣行をオススメします。
08062501.jpg
08062502.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ(南蛮漬け)

  2. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

  3. 鯛ラバカップ in 瀬戸内・第4回淡路島大会に参加しました

  4. [家族で楽しめる船釣り!]手軽で快適な淡路島観光ホテルのチャーターボート

  5. やっぱスルメデスの釣りはおもしろい!

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP