鯛ラバ専門情報サイト

明石鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
23日に明石の利弥丸さんへ大塚氏と鯛ラバに行ってきました。
当日は風が強くて波が高くあいにくの天候。
まずは、青物の潮ということでツバス狙いに。
この日は、ジグを落とせば誰にでも釣れるというとてもイージーな釣りでした。
あっという間に10数本釣れるイレ食い状態。
これが鯛だったらなぁ・・・(笑)
青物が終ると鯛釣りへ。
青物と違い今度は一気にディープへ。
先ほどの「これが鯛釣りだったらなぁ・・・」という状況が再現!?
まずは62センチの真鯛がを同船者がゲット!
続いて本日最大の70センチと47センチを同じ人がゲット!
私と大塚氏には無反応。
釣れた人の鯛ラバを見てみると・・・ハリミツのラバラバ!
曇りというローライトな天候+ディープ=「デカヘッドの鯛ラバ」パターンのようです。
大塚氏はこれにたまらずデカヘッドのラバラバに交換するも時すでに遅し・・・
アタリが遠のき、船長の判断でまだ手をつけたことのないエリアへ移動。
これが大当たりでハニースポット発見!?と船内が騒がしく「あたった〜」と連発。
サイズは小さいのですが、ほんとアタリが多くとても楽しめました。
大きいもので40センチほどでしたが、ここのエリアで無事に大塚氏と私も真鯛をゲット。
08082601.jpg
08082602.jpg
大塚氏のカブラは金色ネクタイ。
ローライトの時に反応が良い色ということで、曇り空の時に好んで使っているカラーだそうです。
その他、オレンジが高反応でした。
終ってみれば本日は大漁!
08082603.jpg
悪条件の中、みんなで頑張った結果です。

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP