鯛ラバ専門情報サイト

玄界灘鯛カブラレポート

こんばんは。松本です。
いよいよ今日が最終日。
これまでの二日間、劇的なドラマはなし。
そんな焦る気持ちをなだめるように海はベタなぎ。
08110201.jpg
天候にも味方され、少し今日はラン&ガンで攻めてみる。
一流しごとに鯛があがるが、あとが続かない。
午後になり、シャローをセレクトした久保田船長。
このセレクトが当たり、移動したエリアでアタリが連発しはじめる。
鯛はあがるものの、ラインブレイクが連発する。
三日間探し求めた大鯛がこのエリアにいるようだ。
カブラを巻く手にも「釣れる潮」の重みが感じられる。
そんな中、鯛とは違うものがヒット。
08110202.jpg
よく走ったがポイズンオーシャンに操られ、あがってきたのはメジロ。
08110203.jpg
続いて良型のアコウも顔を見せる。
08110204.jpg
エリアを変え、ラスト1時間。
イワシの群れが穏やかな水面を波立たせる。
その群れに船が突入するや、激しい走り。
08110205.jpg
慣れた手つきで走りをかわし、ネットに収まったのはヒラマサ。
08110206.jpg
さらにイサキもヒット。
五目釣り達成!
08110207.jpg
真鯛も順調に顔を見せる。
08110208.jpg
ベイトに付く真鯛は、フォールで激しくカブラにアタックしてくる。
08110209.jpg
海底からは、ヒラメも登場。
08110210.jpg
玄界灘では少し小さいがロクマルも登場。
08110211.jpg
少し色気を出してジグをしゃくると・・・
08110212.jpg
ヒラマサ登場!
08110213.jpg
そして、本命のドラマフィッシュ。
08110214.jpg
見事なロクマル。
08110215.jpg
終ってみれば、爆釣。
08110216.jpg
32枚の真鯛に様々なゲストと遊ぶことができました。
三日間私達が使用したのはビンビン玉。
60gを中心にシャローでは45gをキャスティングに使用。
ネクタイのカラーはオレンジ〜蛍光レッドにアタリが集中。
本格的なシーズンはまだまだこれから。
機会があれば、またぜひ行ってみたい玄界灘でした。

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP