鯛ラバ専門情報サイト

玄界灘鯛カブラレポート

こんばんは。松本です。
さて、二日目。
この日は風と波が収まり、大物を求めて沖へ。
朝5:30分に港を出て約1時間のポイントへ。
最初の一流しから爆釣?の兆し。
大物がフックアップするも、なぜか2〜3回の突っ込みでバレる。
そんな中、最初に獲り込んだのは大窪船長。
08110101.jpg
NEWポイズンオーシャンの感触を試しつつ、浮いてきたのは40センチ。
08110102.jpg
こいつが吐き出したのはイカナゴ?
08110103.jpg
ベイトが小魚のパターン。
小魚をベイトにしている鯛はまずベイトに噛み付き、その後補食する。
最初のアタリは噛み付いただけ。
どおりで、バラシが多い訳ですね。
アタリが遠のいた後、シャローへ移動。
08110104.jpg
やはりシャローは魚が小さい。
そんな中、今日一番がヒット。
08110105.jpg
50センチの真鯛。
08110106.jpg
そしてアコウも。
08110107.jpg
二日目、4人の釣果。
う〜ん、今日は少しイマイチな結果に・・・
08110108.jpg
最終日に少し不安を抱える展開に。
今夜は反省会。
明日はナギになりそうな予報。
このままでは帰れない。
さて、どうするか。。。
久保田船長にすべてを任せて最終日に挑む。。。

実釣レポートの最近記事

  1. 夏の午後はからのんびり明石で鯛ラバ|明石鯛ラバレポート

  2. 大雨後のタイラバ

  3. 久しぶりの釣行

  4. 日本海ディープタイラバには夢がある

  5. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP