鯛ラバ専門情報サイト

鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
12月7日、本日は鳴門海峡に行ってきました。
二日前からの急激な冷え込みと波浪の為、出船も心配でしたが波高も1.5mと何とか治まったので出船決定!っとそこまでは良かったのですが、本日の最低気温は何と0度!今シーズン初の極寒の中、私は大の寒がりで、あったか下着を二枚穿き、防寒ブーツ、カイロ、チタングローブと完全装備!
のはずが、首に巻くフリースを忘れ意気消沈。お先真っ暗って感じで港を出航しました。
港を出るとそこは、まさに冬(涙)演歌の似合いそうな景色に心折れそうになりながら本日もスタートフィッシング。
まずはビンビン玉60gで水深70mの砂底と岩礁帯の境をトレースする事に…
全身凍りつくような寒さに負けそうになりながらも、ひたすらリールを巻いてはいたのですが、なかなかバイトが無い!
まぁこの状況ですぐに釣れるのがミラクルなのですが…
気持ちを入れ直し次のポイントへ。
次に到着したのは水深80mの砂底。
潮の動き始めたばかりで尻上がりに良くなるのを期待してスタート。
するとボトムから20m辺りでバイト!
体はまだ温まっていなかったが何とかフックアップに成功!全く予想外?の出来事に戸惑いながらもニヤけつつファイトを楽しみ上がってきたのは50cmの寒さも吹き飛ぶナイスサイズ!
あぁ〜もう帰ってもいいとさえ思える嬉しい一匹でした。
その後すぐに、後ろで釣っていたナリさんにもヒット! ロッドが「ギュイーン」と曲がりかなり楽しそう。
しばらくし上がってきたのは55cmのメスの真鯛!
何か予想とは反して状況は悪くない感じを受けた。
2、3度流し直し空が少し曇ってきたのでゴールドネクタイをチョイス。
ボトムから20m巻き再びボトムに向かってファールした時、「フッ」とラインが止まり即アワセ!と同時にドラグが滑り夢心地(笑)先程よりいいサイズの引きを感じながらファイトを楽しみ上がってきたのは58cmと更にグッドサイズ。
その後このポイントで数回バイトがあったが潮が止まりはじめポイント移動。
2、3ポイントを釣ったがバイトがあるのみで釣果は上がらず再び朝入ったポイントへ。
すると、乗らないものの頻繁にバイトがある。
やはり今日はこのポイントが◎幸いこのポイントはあと2時間は潮が良いとのこと。
しばらくし本格的に潮速が上がると食いが立ったのかバイト自体が激しさを増し、船中所々で賑わってきた。
そんな時間を楽しみチャリコ〜40クラスを船中で数匹あげ、そろそろ潮が止まろうとしていた頃、前で釣っていた向井さんにヒット!
横で見ていても楽しそう。結構ドラグも滑り上がってきたのはジャスト60cm!ちなみにコレもゴールド。
と、ここで潮が止まりラストのポイントへ
ラストは50mの砂底。タイムリミット間近という事もあり、みんなラストスパート!結局、このポイントではバラしなどが多くあってナイスサイズは出なかったもの何匹か釣ることができストップフィッシングとなりました。
今日のような一見過酷な状況でもやってみないと分からないところがこの釣りの止められないとこですね。
これからまだまだ寒くなりますが皆さんも寒さにめげずに鯛ラバに行ってみてください。
08120801.jpg
08120802.jpg
08120803.jpg
08120804.jpg
08120805.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP