鯛ラバ専門情報サイト

紀淡海峡鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
12月3日、またまた加太に行ってきました。
先週の水曜日から土曜日までどの船もイイ釣果だったみたいで、中には連日ナナマルが釣れてる船もあったみたいです。
朝6時、まだ暗い中出船し一つ目のポイントに到着。
水深25mの砂底に漁礁が点在する場所。
まずはビンビン玉45gのオレンジネクタイからスタート。
しばらくし空が明るくなった頃、ようやくバイト!
がっ、「トトッ」と何とも弱々しいバイト。
しばらくし、また弱々しいバイト。
かなり活性が悪そうな予感(涙)
その後2、3流ししましたがバイトも無く潮も止まり始めたのでポイント移動。
移動中、他の船からの無線が入ってくるがどの船もあまり良い釣果ではない模様。
船長の話では、急に水温が下がったのでこれが影響しているじゃないかと…
次のポイントは水深30mの岩礁帯。
しばらく流すも全くバイト無し。
魚探には鯛の反応がパラパラでるのですが… 
周りの船も静かなままで気配すら感じないので再び移動。
幾つかポイントを移動し25mから30mに落ちるブレイクを攻めることに。
魚探にも良い反応が出た瞬間、同船していた哲ちゃんにヒット! しかし、かなり軽そう(笑)
でっ、上がってきたのはチャリコちゃん! いつもなら鼻で笑うようなサイズですが今日の状況では羨ましいとさえ思ってしまいました(笑)
これに調子づいた哲ちゃん、立て続けに同じサイズを3匹ゲット! 
私はと言うとバイトは有るも全くフックアップ出来なく落ち込む一方でした(涙)
その後も幾つかポイントを周ったのですが、船長が一匹追加しただけで本日は終了となりました。
今回は残念ながらボウズでしたが週末も良いレポートができるようメゲずに頑張ってきます!
08120401.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 夏の午後はからのんびり明石で鯛ラバ|明石鯛ラバレポート

  2. 大雨後のタイラバ

  3. 久しぶりの釣行

  4. 日本海ディープタイラバには夢がある

  5. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP