鯛ラバ専門情報サイト

鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
12月23日、鳴門に行ってきました。
天気予報では最低気温が1℃だったのですが港に到着すると6℃もあり、そう辛くはなかったです。
7時に出船し港を出て海を見ると風と波は無く穏やかだったのですが前日の雨のせいか3日前にくらべかなり濁りがキツい。
前回、潮色がかなりクリアーだったせいか中型以上の鯛が赤のネクタイに好反応だったので楽に大きな鯛が釣れると甘い考えをしていたのですが…
念のためビンビン玉60gの赤ネクタイからスタートしたのですがやはり触りもしない。
そこで、オレンジに変えるとボトムから5mぐらいで「コッ」とフックに乗らないが小さなバイト。
すると隣で釣っていたハッシンのロッドが曲がった! 「チャリコやわ!」と 言いながらリールを巻くと40弱の真鯛でした。
朝一からの一匹ということでハッシンもニッコリ(笑)ちなみにビンビン玉60gオレンジのネクタイでした。
しばらくして、またもやハッシンにヒット!今度はさっきより小ぶりの30cmくらいでした。
二匹とも、ボトム付近でバイトしたみたいでした。
やはりボトム付近にはあまり良いサイズはいないみたいでしたが朝一2連発は気持ちよさそう。
その後すぐに私にもヒット!ボトムから12m辺りでのバイトだったのでサイズを期待したのですが少し大きくなったものの40強の鯛でした。
この前も書いたのですがこの時期、小さく僅かなバイトがありそれを感じたらリーリングに斑が出ないように少しだけスピードダウンしてやるとフックアップに持ち込めることが多いです。
ちなみに水深にもよりますが最初のバイトが出てから最低でも10mはリーリングしてみてください。
一番大切なことは鯛がカブラにじゃれついたり突っついたりする僅かなアタリを逃さないタックル、システムを組み、集中できるようにすることです。
しばらくし、急に雨が降ってきてテンションも下がり気味。
天気予報では確か曇りのち晴れやったような…ついてないことに雨と同時に北西の風が出てきて30分もしないうちに10mぐらいの強風になり白波も出てきた
やはりウネリが出るとバイトは全く消えた。
波が出ると一定のスピードでリーリングしてもカブラの動きに斑が出てしまい、そんな動きを真鯛は嫌うのでしょう。
軟らかいロッドを使うとある程度は嫌な動きを吸収してくれるのですが今日のような状況では追いつきません(涙)
仕方なく海峡の南側で潮を見ながらポイントを探すことに…
こっちに来ても風は強いものの波は幾分穏やかでなんとか釣りになりそう。
しかしバイトがなく幾つかポイントを周り水深50mのフラットな砂底エリアを流し始めると久しぶりのバイト!
フックアップには至らなかったが、このエリアの信頼度は上昇し寒さ で心折れ気味だったけどヤル気がでてきました(笑)隣で釣っていたハッシンにも何度かバイトがあったらしく船中はヤル気全開!
すると私に再びバイト!
じっくりアワセのタイミングを計りフックアップ!
ドラグがジリッと出て「これはまぁまのぁサイズかな」っと思った瞬間「フッ」と軽くなりあえなくフックアウト(涙)すると間髪入れずに義兄さんにヒット!
ロッドを見るとかなり良い引きをしている。
皆の視線を感じながらファイトし上がってきたのは54cm。
今日の状況ではナイスサイズ! 本人も満面の笑み。
その後、船中でもパラパラ釣れ私も40強と30cmを追加でき終了。
私事ですが今日釣った一匹目の鯛が今年100匹目の鯛でした。
毎年100匹はクリアしようと釣りをしていますが今年は怪我で2ヶ月間休んでたので無理かなと思ってたので何とか滑り込みで達成しました。
ちなみにこの鯛は友人の魚屋さんにたのんで我が家のお正月の「睨み鯛」になるべく今朝引き取られて行きました。
今年も残すところ一週間となりましたが29日に加太に釣り行くのを釣り納めにしようと思ってます。
今年の最後を締めくくる良い釣りが出来るよう頑張ってきます。
08122401.jpg
08122402.jpg
08122403.jpg
08122404.jpg
08122405.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP