鯛ラバ専門情報サイト

紀淡海峡鯛カブラレポート

こんにちは、大塚です。
12月29日、今日は今年の釣り納めに加太に行ってきました。
 
朝6時半、暗がりの中を出航。船長の話では昨日は朝、一流し目に数匹釣ったのですが後が続かず釣果は良くなかったのこと。港をでて10分、最初のポイントへ。
水深30mの砂底エリアで所々に漁礁のあるポイントで魚探を見るとボトムから5m以内で反応が出ていました。
開始早々、私にバイト!
朝一のバイトからフッキング成功w サイズは25cmと今ひとつですが不安を吹き飛ばす幸先の良いスタートにニッコリ。
その後、魚探の反応が悪くなったため直ぐに移動。早いポイント見切りやなぁと思い船長に聞いた見ると昨日の不調さを考慮しこういうときは他の船より先々移動していく方が良いとの事。
次のポイントは先程より少し浅めの25mの砂底。
ジャッカルビンビン玉45gのオレンジネクタイを投入。
ボトムに着きリールを巻き始めると同時に隣で釣っていた恭やんにヒット! 
シャローなんでファイトは強くロッドの曲がりも気持良さそう。
上がってきたのは45cm!と美味しそうな真鯛。
羨ましそうに見ていると私にもバイト!今回もフッキング成功!強い締め込みに時折ドラグが出て・・・至福の時間を楽しみ上がってきたのは50UPの真鯛!船長のポイントのよみに脱帽でした。 
もう一度潮を上り同じエリアを流し始めると直ぐに私にヒット!ラッシュに入ったようで隣の恭やんのロッドも曲がっている! 
開始一時間で2人で5匹と良いスタートとなりました。
その後船中でも何匹か釣り上げ反応が悪くなったので再びポイント移動。
次のポイントは60mのボトムから45mまでのブレイクを狙うポイント。
潮がそこから吹き上げ水面を見ていてもその動きが分かるくらい複雑な流れ。
ビンビン玉60gにチェンジして、そのような流れの中でも真下に落ちるように船長が操船してくれ快適に釣りをしていたのですが真鯛の反応はイマイチ(涙)周りの船も沈黙状態。
魚探には時々、真鯛の反応が出ているのですが・・・2時間ほどバイトすら無かったのですがボトムから15m付近でもたれる様な微かなバイト。
そのまま反応はなくなったのですがそろそろ時相かなと思っていると周りの船でパラパラ釣れだした。朝のようなラッシュは無かったのですが何とか追加し私4匹、恭やん5匹と文句無しの釣り納めとなりました。
 
今年は怪我もあり秋のハイシーズンに釣行できなかったのですが49回、106匹(AVE 2,163)を楽しむ事が出来ました。
毎回、勉強の繰り返しでおぼろけながら沢山の事が判りここでもいろいろ紹介できたと思います。来年もさらにアベレージを上げれるよういろいろな新メソットを紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします。
それでは皆さん良いお年を・・・
08123101.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP