鯛ラバ専門情報サイト

鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
2月15日、鳴門に行ってきました。
昨日、一昨日と春一番のため海況は荒れ模様だったみたいで潮色は濁り気味。深いポイントの多い鳴門海峡では濁りは良い釣果につながることは少ないのですが、こればかりは自然のことなので後は潮が澄むのを祈るだけ…
6時30分、港を出ると予想していたほどではないが、やはり濁りが気になる。 しかし、天気も良く波も穏やか、真冬の真鯛釣りとは思えないほどの状況。これで爆釣すれば文句無しなのですが…
一時間経っても二時間経っても同船者の誰一人アタリ無し(涙) 予想以上に活性は下がって船中、重い雰囲気(焦)すると向井さんが「今、アタった!」と景気の良い一言!聞くと、ボトムから10mぐらいでアタったがそれ以上食い込むことはなく遠のいたのこと。
この事で周りは少しやる気を取り戻し、しばらくすると「キターッ!」とま たまた向井さん!振り返って見るとロッドがきれいに曲がりサイズも結構良さげ… しばらくし船長がタモ入れし上がったのは55cmの雄の真鯛でした。開始2時間半でのファーストフィッシュだっただけに船中、皆さんは羨ましさでいっぱいなムード(笑)釣った向井さんも大満足な表情でした。(写真を撮るの忘れてゴメンなさい)
ここからラッシュと行きたいところですが私に1回バイトがあったきりまた沈黙してしまいました…。
しばらくし満ち潮に転流した頃、「コッ」と久しぶりの生命感! そのまま追い食いさせようと誘ったので すがサヨナラしてしまい軽くショックを受けていると隣で釣っていた義兄さんのロッドティップが「ゴンゴンゴン」とおじぎをし次の瞬間、大きくアワセを入れるとロッドが曲がりフックアップした!サイズは?と聞くと「大したことないわ!」と言いながら、めちゃくちゃ嬉しそう(笑)
しばらくし上がったのは30cm強の真鯛でした。そこからしばらくの間、ラッシュ突入!サイズは30cm〜40cmとイマイチですが船中いたるところでヒットし午前中の沈黙が嘘のよう(笑)終わってみたら私も40cm弱を頭に4匹釣ることが出来ました。
かなり苦戦した一日にもかかわらず皆さん最後まで諦めない方ばかりでコレこそが鯛釣りに一番大事なことだと改めて思いました。
水温も未だ下がりきらず、今年はこのまま春を迎えそうな感じがします。これからノッコミ(プリスポーニング)の真鯛が活性を上げ、続々と浅場に指してくるのですが今のうちに水温がもう少し下がればノッコミの大鯛も顕著に釣りやすくなるのですが…それもこれも自然のことなので神様に祈るだけです(笑)
09021701.jpg
09021702.jpg
09021703.jpg
09021704.jpg
09021705.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ

  2. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

  3. 鯛ラバカップ in 瀬戸内・第4回淡路島大会に参加しました

  4. [家族で楽しめる船釣り!]手軽で快適な淡路島観光ホテルのチャーターボート

  5. やっぱスルメデスの釣りはおもしろい!

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP