鯛ラバ専門情報サイト

鹿児島鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
7月31日、8月1日の2日間、鹿児島県坊津の瑛迅丸さんに行ってきました。
鹿児島に行く度にいつも面倒を見てくれる鹿児島在住の釣り吉のフルちゃんから電話があったのが7月の上旬。「最近ですね〜面白いように鯛が釣れる船を見つけたんですよ〜すぐに来てください!」と連絡があり日程をなんとか調整し友人のノブリンと鹿児島へ…
市内のホテルに着いたのが31日の夜。少し休憩の後、フルちゃんと合流し晩御飯もそこそこに午後10時30分、坊津に向けて出発!車で1時間ちょっと走り港に着くと真っ暗の港にポツンと灯りを照らした船があった。この船が今回お世話になった瑛迅丸。船長の作本さんは南国の明るさいっぱいの人柄で我々を迎えてくれました。その頃には今回同船する他のお客さんも準備完了といった感じで船に乗り込んでおり急いで用意をし乗船。時間は日付が変わって0 時を少し回ったところ。そうです!今回は初の「夜釣り」に挑戦です!
普通、夜明けから日没まで楽しむ鯛ラバゲームを夜に?初めてフルちゃんから連絡をもらった瞬間から「ドキドキワクワク」でとりあえずここまでやってきましたが、後は釣りながらアジャストしていこうと真っ暗の海に向かって出船。
港を出て3分もしないうちに船の速度が落ち左へ大きく旋回するとブリッジから船長が降りてきて手早くアンカーを下ろした。「エー!アンカー下ろしてやんの?」と心の中で叫び周りを見渡すと常連のみなさんは戦闘開始(笑) そして水中に入れられた集魚灯2基が徐々に明るく周りを照らしだしその光が海をグリーンに照らした。 しばらくすると灯りの近くにキビナゴやトビウオが集まりだしたがフルちゃんによると今夜はキビナゴの集まりが悪いとのこと。しかしたくさんの星が煌めく夜空とグリーンの光の中に時折姿を見せる小魚が反射しているのはなんとも幻想的な情景です。
しばらくし「コッ!」と小さなバイトはあるものの誰のロッドも曲がらず時間だけが過ぎていき同船者をはじめ作本船長の表情も困惑してフルちゃんが私に「いつもはすぐに釣れ出すんですけど…」と言ったので、いつもと違う点や最近までの流れを聞いたりしながら釣りをしていました。
結局、東の空が少し白んだ頃、ちょっとだけラッシュし、私もノブリンも45cmの真鯛を一匹ずつ(涙)船中5匹となんとも悲しい釣果で朝を迎えてしまいました。船長もこんなことは初めてで理由がわからないと… 市内までの帰り道、ノブリンと話して釣れなかった理由と仮説をフルちゃんから作本船長に伝えてもらうことにして翌日にすべてを託した…
次の日、泣いても笑っても最終日!とりあえずいつものポイントに入るが集魚灯に集まるキビナゴの量も昨日よりマシだがイマイチ。しばらくやったが反応がないので次のポイントへ…。ここもしばらくやったが先程と同じく反応がない。私はあまり気が進まなかったが作本船長にポイント移動を提案した。詳しいことは昨日の時点でフルちゃんが作本船長に伝えていたらしく作本船長は私のリクエストにも笑顔で答えてくれ移動。
ポイントに到着しアンカーを下ろし、集魚灯を点灯。そして五分くらいすると先程までとは明らかに違う大量のキビナゴが群になって集魚灯を中心に船の真下をグルグル回り始めた。するとキビナゴの群れを狙って45cmくらいのゴマサバやシイラの子などが姿を見せ次々とキビナゴを水面近くで追い回し、同船者の皆さんはメタルジグなどで釣り始めました。しばらくし同船者の一人が45cmぐらいの真鰺を釣ったので、そろそろ真鯛の活性も上がってくる頃と判断し、神経を集中させリトリーブしビンビン玉60gオレンジネクタイがボトムから立ち上がった瞬間、「カッカッカッ…!」と勢いの良いバイト!ゆっくりと大きくアワセを入れフッキング成功!昼間と違って違和感はあるがファイトを楽しみ上がってきたのは50cmの真鯛!時計を見ると午前3時過ぎ。この真鯛をきっかけに今まで味わったことのないスーパーラッシュの幕開けとなりました! 船中お祭りモード!こっちでヒット、あっちでヒット(笑) まるで生け簀で釣ってるかのようにゴーマル、ロクマルくらすが次々上がり、空が白む太陽が出る少し前まで祭りは続きました(笑) 結果、1時間半で50〜65cmを私が8匹、ノブリンが10匹と大爆釣! お腹いっぱい鯛釣りを満喫しました(笑)
まだまだ未開拓のポイントがたくさん控えていて、これからも超有望な坊津。リクエスト通りに夢を叶えてくれる明るい作本船長と幻想的な夜景の中でスーパーラッシュを味わいに行く価値は大きいと思います。鹿児島までは遠くてなかなか行けませんが、お近くの方や近くに寄られる方は是非オススメです!
昼間の暑さが耐えられない方も体に優しい「夜焚き」を試してみてはいかがですか?
追伸
今回、同船した皆さん、本当にありがとうございました。
皆さんで鹿児島の鯛ラバゲームを盛り上げてパラダイスを開拓してください!そしてパラダイスを見つけたら、また呼んでね(笑) それではまた会う日まで!
09080501.jpg
09080502.jpg
09080503.jpg
09080504.jpg
09080505.jpg
09080506.jpg
09080507.jpg
09080508.jpg
09080509.jpg
09080510.jpg
09080511.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP