鯛ラバ専門情報サイト

明石鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
8月14日、今週は明石海峡に行ってきました。
今回は友人の印南さんの船で印南さん、恭やんと三人での釣りとなりました。
朝6時、垂水沖に到着。まだ良い潮ではなかったが、とりあえず釣り開始。
水深30mで潮色はやや濁り気味。船を操船しながらだったのでビンビン玉60gのスカート/チャート、ネクタイ/ピンクでスタート。
2、3度流したが反応がないので、条件の良い流速を探して東に移動。
次のポイントは平磯沖の水深25m。地形に少し変化のある岩礁帯。
流し初めてすぐに恭やんにバイト! しかしショートバイトでフッキングには至らず(涙)
ショートバイトとは言え、反応があるので潮待ちがてら何度か流し直すと「カッカッカッ」と小さめのバイト! なんとかフッキングに持ち込みファイト開始。しかし、サイズが小さいのかあまり良い引きをしてない。まぁ一匹目なんでこんなもんかぁと思いながら上がったのは35cmでした。
その後、次の流しまでは何とかバイトはあったのですが上手く乗せきれずアタリもなくなったのでポイント移動。
次のポイントは水深30mの岩礁帯。開始早々バイト!タイミングを計りフッキングすると今度はイイ引き! 時折、ロッドがバットまで曲がり気持ちイイ〜! そんなファイトを楽しみ上がったのは50cmのナイスサイズ!その後、流し直すが先程と同じく二流ししかバイトも続かない。
今日はフィーディングタイムがいつもより短い。いつもなら少なくとも三流しはバイトしてくるのだが…
まぁそうゆうことなのでバイトがあってもあまり固執せず流速だけに集中してランガンをする事に…
次のポイントは少し東へ移動。水深25mの岩礁帯。魚探には時折カタクチイワシの反応が出て自然とテンションが上がる!水深25mだったがフォールスピードを考えビンビン玉60g。カラーは同じくスカート/チャート、ネクタイ/ピンク。
すると二流し目、ビンビン玉がボトムを切った瞬間に「ヌーッ」と重くのしかかるような大鯛特有のバイト!リールを2、3回巻くといきなり「ゴーン!!」とロッドが全開で曲がりヒット!25mという浅さもありファイトはダイレクトに伝わる!ドラグも滑りイイ感じ。しばらくファイトし姿を見せたのは 68cm3.7kgのグッドサイズ!
最近、明石海峡では珍しいサイズですが、やはりイワシパターンの賜物でしょう(笑)
バイトの感じからフォールで付いてきた真鯛が着底後リーリングを始めた瞬間バイトしたのでしょう。正直、60gにして良かったなぁと思いました。
それから数カ所転々としましたがチャリコを一匹釣っただけで、この日はイイ潮がなかったので終了。
明石にはまだまだイワシがいっぱいいて大鯛と出会えるチャンスもあると思います。しばらく目が離せないので次回も明石海峡に行ってきます!
09081901.jpg
09081902.jpg
09081903.jpg
09081904.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP