鯛ラバ専門情報サイト

明石鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
さて、明石リベンジに燃える2日目。
本当は土曜日だけと考えていたのですが、あまりに悔しかったので時間を割いて明石へ向かいました。
都合で12時出船の17時帰港と5時間の実釣で出港。
午前中の情報を探ると、一部のエリアでは潮に関係なくよく釣れた様子。
プレジャーボートでそのエリアに向かい、夜な夜なチューニングしたビンビンを投入。
バーチカルに探るとあっさり3回目のリフト&フォールで答えが出る。
10041301.jpg
中層でロッドティップを押さえ込んだのは40センチの真鯛。
10041302.jpg
ヒットカラーはビンビン玉45gオレンジゴールドにコーラ色のカーリーネクタイ。
狙うエリアとカラーがマッチすればこんなものです(笑
しかし、このエリアは反応が濃い。
10041303.jpg
アタリがポロポロ出るが、エリアが狭いので徐々に反応が悪くなる。
こんな時はカラーチェンジ。
この展開がハマり、2枚目をゲット。
10041304.jpg
ヒットカラーはパンプキンネクタイ。
その後もポロポロアタリがあり、計4枚をキャッチ。
反応が悪くなった頃、沖で釣れ始めたという情報が入りエリア移動。
サコドの潮が良い感じで流れはじめている。
10041307.jpg
空が曇りはじめたのでオレンジネクタイにチェンジし、潮上にキャストして底から中層付近まで幅広く攻める。
2キャスト目に1枚追加。
その後順調に追加しタイムアップ!
二人で計9枚の釣果でした。
10041305.jpg
私は・・・
10041306.jpg
サイズは小さいですが、計7枚をキャッチし満足のいく釣果。
リベンジ成功です!
17時に帰港しましたが、かなり後ろ髪が引かれる気分で日没までやれば二桁釣果も間違いなかったと思います。
この調子ですと、海苔枠が撤去される今月末くらいまでは楽しめそうですね。
では、この海苔パターンの攻略方法を解説します。
海苔は通常、表層で養殖しています。
これが千切れ、潮に流されて表層から中層〜ボトムへと漂っていきます。
よって、エリアによっては中層に反応が出たりボトムに反応がでます。
ですから、バーチカルの場合はボトムから中層まで幅広く巻き上げる必要があります。
キャスティングの場合は、バーチカルよりもさらに巻き上げてください。
私は1キャストを通常の約半分、2回のリーリングで回収する感じでリーリングしています。
例えば水深20mでバーチカルの際は20回前後(10m)巻き上げるのに対し、キャスティングでは30回ほど巻き上げます。
キャスティングでは斜めに巻き上げますので、バーチカルよりも巻き上げる回数を増やさないと中層まで探ることができません。
次に、巻き上げるスピードですが2秒/1回転を目安にヒットするスピードを見極めてください。
海苔は海中をゆっくり漂っています。
小魚のように逃げるものを追う訳ではなく、真鯛に対してゆっくり漂う海苔は非常に食べやすいものです。
ネクタイのカラーは、オレンジをベースにチャート、ブラック、濃い赤、パンプキンなどを使い分けます。
10041308.jpg
10041309.jpg
ネクタイの形状はストレートよりもカーリータイプのものが高反応です。
また、これが最大のキモなのですがスカートを外して、カーリーネクタイがよりワイドに動くようにします。
スカートがあると、どうしてもネクタイの付け根部分の動きが抑えられ、海中を漂う海苔のようなアクションを出せないからです。
リーリングスピードがゆっくり目というのは、このカーリーネクタイをワイドに動かすことにも貢献します。
早くリーリングすると細かいピッチでアクションしますが、スローにすればよりワイドにアクションします。
アタリは、釣れるサイズが小さいことから「カッカッカッ」といったアタリが多いです。
また、ネクタイの先を噛むようなヌーッとしたまるでクラゲにでも引っかかったような前アタリの後、カッカッカッと食い込むことがあります。
フォール中でもよくアタリます。
いずれにせよ、フォール以外は早アワセは厳禁です。
真鯛の重みが乗ってからスイープにフッキングしてください。
それに対しフォールは即フッキングです。
また、ファイトは小さいからといってゴリゴリ巻かず、ゆっくり真鯛を浮かせてください。
小さい真鯛は口の周囲が柔らかく、割けやすいので強引なやり取りはバレる確率がアップしていまいます。
さて、この小さい真鯛を確実に掛けるタックルですが、ロッドはNew POISON OCEAN TKC-64Lといった、ティップが非常に柔らかくてバットでしっかりフッキングできるタイプのものをお使いください。
この海苔パターンは、海苔の養殖棚が撤去されるであろうGW前くらいまでお楽しみいただけます。
今の明石は絶好調なので、ぜひ足を運んでみてください!

実釣レポートの最近記事

  1. 夏の午後はからのんびり明石で鯛ラバ|明石鯛ラバレポート

  2. 大雨後のタイラバ

  3. 久しぶりの釣行

  4. 日本海ディープタイラバには夢がある

  5. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP