鯛ラバ専門情報サイト

9/2(日)明石鯛カブラレポート

松本です。
先日のメジロの誘惑もあり(笑)また明石に行ってきました。
今日は珍しく午後のみの乗船です。
午前は、鯛が良かったみたいでタイ69センチ、54センチ、52センチ、49センチ、45センチ、44センチが各1枚、合計6枚の釣果でした。
07090301.jpg
知り合いの岡川さんは立派な69センチをゲットしていました。
ちょっと久しぶりに出たいいサイズですね。
午前出ていたので状況を確認すると、ヒットカラーはオレンジでバイトは底近くとのこと。オレンジということは、少し濁りがあるのかな?
さて、午後の便。港を出ると・・・白波!!!
昼から急に風が吹いてきたようです。
「とりあえず、できるまでやりましょう!」と船内放送。
ジグと鯛ラバでスタートすると、ジグにエソが高反応(泣
ですが、エソがいるということはベイトもいる訳で期待できます。
間もなく、同船者の鯛ラバに真鯛がヒット!さらに連続ヒット!!で、ジギングをしていた私も鯛ラバにチェンジ。
少し濁りがあったので、オレンジからスタート。んでもって、すかさずアタリ!!!「キタキタキターッーーーー」もあえなくバラし。
すると船首のジグに鯛がヒット。
これで間違いなく、青物のおこぼれベイトに真鯛がついていることが分かりました。
しかし、ラッシュは長続きせず・・・今度は周囲の船のジグにメジロが食い出しました。
同船者も高活性(笑 バタバタとヒット。まずめ時には、3本一気にヒットする始末。
結果は、10ヒットで7本ゲット。
ベイトは15cmくらいのコノシロかイワシでした。100gほどのブルー系orピンクが高反応でした。
07090302.jpg
07090303.jpg
私は、3ヒットで2本ゲット。
鯛はボーズです(泣
明石では、青物が来るまでは鯛ラバonlyでしたが、青物が回ってくるとジギングも並行してやります。
これからの季節は両方を一度に楽しめるのでオススメですよ〜。
ただし、ジギングの後の鯛ラバはついついリーリングスピードが速くなったり、ファイトが雑になったりします。きちんと切り替えてくださいね。

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP