鯛ラバ専門情報サイト

福岡玄界灘〜壱岐水道鯛カブラレポート(フォーリングテクニックの解説)

こんばんは。先日の福岡玄界灘〜壱岐水道鯛ラバで一番アタリがあったパターンがフォ−リングでした。
しかも、カブラの重さ(ビンビン玉)は45gよりも60gの方が反応が良かったのです。
大塚氏も鹿児島で45gよりも60gの反応の良さに気付いたとか・・・。
パターンとしては、ビンビン玉の60gを一度着底させ、やや速めに巻き上げる。そしてそのままフォール。アタリはフォール中にゴツゴツときました。すかさず電撃フッキングです。
60gの方が反応が良いのは、フォールスピードだと思います。フォールスピードが速い分、スカートがよくなびくからではないかと思います。明らかに60gの方が反応が良かったので・・・。
フォール中の電撃フッキングはクラッチを切る暇がないので、サミングした指でスプールをロックさせ、そのままフッキングしてくださいね!

実釣レポートの最近記事

  1. タイラバ 初心者講習会

  2. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  3. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

  4. [ディープ鯛ラバを体験してもらいました]ディープ鯛ラバ初挑戦で記録更新続出!

  5. [また出たハチマル]島根県温泉津鯛ラバレポート2日目

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP