鯛ラバ専門情報サイト

紀淡海峡鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
先週は急な用事で釣りに行ってなかったので鹿児島遠征から戻り久しぶりのホームでの釣りになりました。今日行った場所は紀淡海峡。
朝、5時半に港に到着し支度をしようと車から降り外に出ると「寒いっ!寒すぎ〜!!」 風はビュービュー!波はザバッザバッ! 寒いのが苦手な私は、いきなり心折れそうですぅ〜(涙)
少し遅れて船長も到着し皆の行動に流され気がつくと私は荷物共々船に乗せられてました(寒いよ〜)
ポイントに到着し船を流すと波が高く多少やり辛いがスタートフィッシング。
一時間経過…………… なにもアタリ無し…
二時間経過…………… 寒いけど何とか頑張ってますよ…
とっその時! 同船者にヒット! 45cmクラスのキレイなマダイ。
またまた心折れかけだった私ですがコレを見てちょっとヤル気に(笑)
すると直ぐにバイト!…したのですがマダイが甘噛みしただけのような超ショートバイト(涙)
心にムチを打ち釣り続けていると再びバイト!
「コッコッ」の後「しーん………」本当に辛すぎます(悲)
何が気に入らないのかショートバイトの連発(怒)
ビンビン玉60gのレッドオレンジ13のスカートを蛍光紫(ケイムラ)にカラーチェンジ!
すると… 直ぐにバイトしフックアップ成功(驚)
まぁ偶然フックアップしたのか、それともケイムラがマダイの好みだったのか…定かではないですが結果に繋がったのは嬉しいことです!
ところで肝心のサイズですがチャリコサイズでした(恥)
そこから船中みんなにフックアップに至らないもののアタリが出だし隣で釣っていた友人のハッシンにもヒット!
先程の私の鯛とは違い、ちゃんとロッドは曲がってます!
上がってきたのは50cmクラスのキレイな真鯛でした。 ルアーはビンビン玉のオレンジゴールド45にティンセルを装着したものでした。
ケイムラといいティンセルといいパール系に反応がいいように感じました。
その後2匹追加するもチャリコばかりでしたが他の同船者に比べ釣った数、バイト数が多かったのにはいつもながらカラーの重要性を考えさせられました。
おぼろげながら少しずつ見えてきたカラーパターン、もう少し煮詰め、しっかり判ればいずれココで書かせてもらいます。
まだまだ奥の深い真鯛修行の道、これからも精進して頑張りますのでヨロシク(笑)
07120903.jpg
07120904.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 夏の午後はからのんびり明石で鯛ラバ|明石鯛ラバレポート

  2. 大雨後のタイラバ

  3. 久しぶりの釣行

  4. 日本海ディープタイラバには夢がある

  5. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP