鯛ラバ専門情報サイト

フィッシングショー大阪2011レポート

今年も行ってきました!
まずはジャッカルブースへ。
2011020601.jpg
昨夜お伝えしましたように、今春にジャッカルと鯛ラバのコラボレーションカラーが発売されることになりました。
この企画の進行状況等は定期的にお伝えします。
私が鯛ラバを始めて、各地で釣りをしその経験から生まれるスペシャルカラーとなります。
ご期待ください。
2011020602.jpg
プロスタッフのナカジーとは今月27日にフィッシングMAX三宮店でイベントを開催します!
ジャッカルブースでは鯛ラバの展示がありませんでしたが、フィッシングMAX三宮店ではジャッカル製品の展示をする予定です!
次にシマノへ。
一番気になっていた「カルカッタコンクエスト50DC」。
2011020603.jpg
コンパクトなサイズはもちろん、鯛ラバ=ドラグの釣りをさらに楽しくする「エキサイティングドラグサウンド」を搭載。
ラインが引き出されたときにのみ、ドラグ音が鳴るシステムです。
RYOGAでは、ハンドルが空回りしている時もドラグが鳴りましたが、エキサイティングドラグサウンドは、実際にドラグが出た時のみしか鳴りません。
ラインキャパはカタログスペックではPEラインの表示はありませんが、確認したところPE0.6号を200m巻くのは問題ないそうです。
ハンドルのみ交換すれば瀬戸内最強モデルになりそうですね。
とりあえず買います(笑
シマノの鯛ラバと言えば佐々木洋三さん。
2011020604.jpg
鯛ラバ入門用にバリュープライスの鯛ラバロッドをお披露目いただきました。
2011020605.jpg
その他、写真を撮影するのを忘れたのですが、カーリ−テールやワイドテールなどネクタイのアフターパーツをさらに充実させていました。
そして少し気になったパーツ。
2011020606.jpg
DECOYから新発売されるフラットタイプのティンセル「フラッシュファイバー」。
今年のスカートに新たな革命を起こす?ものになりそうな予感がします。
次にメガテック。
2011020607.jpg
新たにクランクタイプのハンドルがラインナップされ、待望のシマノリールに対応したものがリリースされるそうです。
ダイワのリールに採用されているクランクハンドルはファイト中のドラグ調整がしやすいのですが、これを使えばシマノリールも快適になります。
年々鯛ラバ自体の新製品は少なくなりました。
2011020608.jpg
鯛ラバブームで一時、たくさんの鯛ラバがありましたが、年々本当に釣れる鯛ラバだけが残ってきた感がありますね。
さて、ショーでは発表できなかったビンビン玉スペシャルカラー。
これからジャッカルさんと考えて良いものを作っていきますね!

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP