鯛ラバ専門情報サイト

明石海峡で船長たちと釣りをしてみました!

大会が終わり、最終戦を不甲斐ない形で落としてしまってしょぼくれていたのですが、くよくよしている暇はありません(笑)大会で使ったタックルが乾かぬうちに明石海峡にやってきました。ここ最近の天気としては珍しい、快晴の1日でした。

この日は北九州からガイドサービスセブンの宮崎船長と、

舞鶴からトップスジャパンの森船長がかけつけてくれました。

釣り具のブンブンからはシモムーも。

こんな感じのメンバーで今日は明石海峡からお届けです。普段あまり一緒に並んで釣りをすることはないし、ましてや複数人の船長と一緒に釣りをすることも珍しいことであります。

まずはタチウオから。1年ぶりなので道具を探すのに苦労しました(笑)指3〜4本サイズでしょうか、ポロポロと釣れます。

癒しのタチウオ。簡単に釣れて調理も楽チン、おまけにとってもおいしい魚。みなさんまんべんなく釣れたところで青物狙いに走りますがあまりよろしくない感じなのでタイラバを。この日はチョロチョロっとしたアタリが多くて乗せきれず一苦労。

船長が真剣に釣りをするのを見るのはおもしろいもんです(笑)

おサワリが多く小さいのばかりだーーーーと思っているとバカにすんなーってこんな大鯛。

どどーんとこんな感じのタイラバでした。

釣りを終えてみんなで海が見えるイタリアン「ダ ジェンナリーノ」へ。

なかなかオサレなお店でしょ?今の季節、テラスで食事なんかちょうどいいんじゃないでしょうか。

釣った魚を持ち込んで〜

おいしい食事と釣り談義、楽しい時間はどれだけ続いてもいいですね。また近いうちにこうして集まりましょう!その日を楽しみにしています。

実釣レポートの最近記事

  1. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ(南蛮漬け)

  2. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

  3. 鯛ラバカップ in 瀬戸内・第4回淡路島大会に参加しました

  4. [家族で楽しめる船釣り!]手軽で快適な淡路島観光ホテルのチャーターボート

  5. やっぱスルメデスの釣りはおもしろい!

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP